スマートフォン版へ

良血トーセンビクトリーが待望の重賞初制覇/中山牝馬S

  • 2017年03月12日(日) 17時29分
 12日、中山競馬場で行われた中山牝馬S(4歳上・牝・GIII・芝1800m)は、スタートを決めて好位につけた武豊騎手騎乗の5番人気トーセンビクトリー(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)が、直線で内から外に持ち出して前を捕らえ、最後は中団から追い上げてきた1番人気マジックタイム(牝6、美浦・中川公成厩舎)をクビ差退けて優勝した。勝ちタイムは1分49秒4(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に7番人気クインズミラーグロ(牝5、美浦・和田正道厩舎)が入った。なお、2番人気パールコード(牝4、栗東・中内田充正厩舎)は4着、3番人気ビッシュ(牝4、美浦・鹿戸雄一厩舎)は10着に終わった。

 勝ったトーセンビクトリーは、父キングカメハメハ母トゥザヴィクトリーその父サンデーサイレンスという血統。母がGI馬で、きょうだいにも重賞ウイナーがいる良血馬が、デビューから16戦目で待望の重賞初制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
トーセンビクトリー(牝5)
騎手:武豊
厩舎:栗東・角居勝彦
父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
馬主:島川隆哉
生産者:ノーザンファーム
通算成績:16戦6勝(重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す