[海外]ニュース

ケンタッキーダービーのプレップレース優勝馬、入線後に騎手が下馬、骨折が判明

[海外] 2017年03月13日(月)11時15分

注目数:44人
コメント数:37件

 11日に米国・西海岸のサンタアニタで行われたG2・サンフェリペS(d8.5F)で、レース終了数秒後に、スポットライトに満ち溢れていた舞台が瞬時に暗転する大どんでん返しが起きた。

 ケンタッキーダービーヘ向けたプレップレースに指定され、1着50点、2着20点、3着10点、4着5点のポイントが設定されていた同競走で、オッズ1.8倍の圧倒的1番人気に推されたのが、ボブ・バファート厩舎のマスターリー(牡3、父キャンディライド)だった。

 15年のキーンランド9月市場で購買された馬だが、5日目の上場だった中、セッション3番目の高値となる42万5千ドルで購買されているから、当時から好馬体の持ち主だったことが窺える。

 2歳10月にサンタアニタのメイドン(d6F)でデビュー勝ち。続くデルマーのG3・ボブホープS(d7F)を勝って重賞初制覇。そしてロスアラミトスのG1・ロスアラミトスフューチュリティ(d8.5F)を7.1/4馬身差で圧勝してG1初制覇を果たし、2歳シーズンを終えている。

 そのマスターリーの今季の始動戦となったのがG2・サンフェリペSで、1コーナーの入り口でハナを奪った同馬は、直線に向くと後続を引き離し、最後は2番手以下に6.3/4馬身差をつける快勝。デビュー4連勝を飾った。

 ところが、である。

 ゴール直後、歩様に異常を感じたマイク・スミス騎手が下馬。馬運車に載っての退場となった同馬は、獣医師の診断を仰いだ結果、左前脚の踝骨を骨折していることが判明。戦線離脱を余儀なくされることになり、ケンタッキーダービー戦線は西海岸の主役を失うことになったのである。

 完治までどれだけ時間がかかるか、現段階では不明。1日も早い戦線復帰が待たれるところである。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【福永祐一】 芝か?ダートか?適性の見分け方は?
【北村友一×藤岡佑介】 暴れん坊のイメージを払拭
【小牧太】 新人騎手がアドバイスを求めてきたら?
【クラシックナビ】 次走報と出走ボーダーライン!
【ウマい馬券】 亀谷・井内人気予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ねこまんまさん
    ねこまんまさん
    ダービー馬でも未勝利馬でも、とにかく無事にレースを終えて欲しい。故障したのなら、なるべく軽傷であって欲しい。全治不明だとしても治る見込みがあるならしっかり治療して戻ってきてください。早く痛みが落ち着きますように。

    2017年03月14日(火)11時28分

    いいね! いいね!:2
  • world-Aさん
    world-Aさん
    どこの国に違わず強い馬、期待されてる馬が故障するのは非常に残念です、

    2017年03月14日(火)08時42分

    いいね! いいね!:4
  • ジョリージャイヴさん
    ジョリージャイヴさん
    岡田牧雄が言うように「社台Gみたいに3歳までに激走させてとっとと種牡馬にするシステムと、ウチみたいに1年でも長く現役を続けさせるシステムとの2極化が近年著しいんだ」
    ってことなんだろうな、国際的に見ても
    勿論どっちがイイという話ではないが

    2017年03月14日(火)00時06分

    いいね! いいね!:1