スマートフォン版へ

初見参・阪神で見たい“菜七子スマイル”満開

  • 2017年03月17日(金) 06時00分
 デビュー2年目を迎えた藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本=が、今週の阪神競馬(18、19日)に初参戦(20日は中京で6鞍に騎乗予定)し、計8鞍に騎乗する。これでJRAの競馬場では全10場中8場目となり、北海道(札幌、函館)以外では全て乗ったことになる。

 今季2勝目を目指し「競馬場それぞれ雰囲気が違う。阪神は初めて行くところなので、すごく楽しみです」と瞳を輝かせた菜七子。今月から調教でかぶるヘルメットカバーの色も、ルーキーを意味する黄色から青色に。その頂上には、自身で青色のボンボリをかわいらしくコーディネートした。

「阪神競馬場は桜がきれいな印象があります。まだ咲いてないとは思いますけど、ちょっと注目したいです」と笑顔。桜の開花にはまだ少し早いが、関西のファンには、勝利でひと足早く、満開の“菜七子スマイル”を見せたい。(デイリースポーツ・刀根善郎)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す