スマートフォン版へ

【阪神大賞典】(阪神)〜サトノダイヤモンドが今年初戦を快勝

  • 2017年03月19日(日) 17時01分
阪神11Rの第65回阪神大賞典(GII、4歳以上、芝3000m)は1番人気サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分02秒6(良)。1馬身1/2差2着に2番人気シュヴァルグラン、さらに2馬身1/2差で3着に5番人気トーセンバジルが入った。

サトノダイヤモンドは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト母マルペンサ(母の父Orpen)。通算成績は9戦7勝。

〜レース後のコメント〜
1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
「秋と比べて馬が大人になって、状態も良くなっていました。以前は気性が勝っていましたが、今はこの馬と友達になれました。シュヴァルグランは強い馬ですが、今日は楽な感じで勝つことが出来ました。春のメインターゲットの天皇賞へ、いいステップが踏めたと思います」

2着 シュヴァルグラン(福永騎手)
「スタートもこの馬としてはよく出ましたし、いい感じでレースが出来ました。道中は抑えが利いて、サトノダイヤモンドの動きに合わせて動いて行きました。最後は脚が上がった感じですが、休み明けを考えるとよく走っています。今日の結果は次に向けて悲観するものではありません」

3着 トーセンバジル(四位騎手)
「本当はシュヴァルグランを見ながらというオーダーでしたが、テンが思った以上に流れていましたから、この馬のリズムを崩さないように後ろからになりました。リズムを崩してはあまり良くないですからね。前に乗った時より力をつけています。3200mも大丈夫でしょう」

4着 タマモベストプレイ(吉田隼騎手)
「入れ替わりが激しく、厳しい流れの中、よく頑張って粘ってくれました」

5着 スピリッツミノル(幸騎手)
「本当ならもう少し前でレースをと思いましたが、出入りの激しいレースで後ろからになりました。でも、4コーナーからはしっかり脚を使っています。前の2頭は強いですが、4着馬とは差がありません。いいレースをしてくれたと思います」

7着 ワンアンドオンリー(武豊騎手)
「3000mずっと内にササりっぱなしでした。やはりその点はロスでしたね」

10着 ウインスペクトル(丹内騎手)
「自分のレースは出来ましたが、今日は相手が強すぎました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す