スマートフォン版へ

クラシック前哨戦に好メンバーが集結/京浜盃の見どころ

  • 2017年03月20日(月) 17時00分
 22日(水)に大井競馬場で行われる京浜盃羽田盃を占う意味で重要な一戦だが、交流重賞を制したローズジュレップ、まだ底を見せていないミサイルマン、紅一点ピンクドッグウッドなど好メンバーが集結。主な出走予定馬は以下のとおり。(⇒出馬表はコチラ)

■3/22(水) 京浜盃(3歳・SII・大井ダート1700m)

 ローズジュレップ(牡3、浦和・小久保智厩舎)は徐々に力を付け、2走前に交流重賞・兵庫ジュニアGPを制覇。JRAで活躍するハングリーベンなどを負かしての完勝だから価値は高い。前走はJpnIの全日本2歳優駿でも3着に健闘と、その力は本物だ。今回は南関への転入初戦となるが、どれだけのパフォーマンスを発揮できるか楽しみだ。

 ミサイルマン(牡3、大井・森下淳平厩舎)は無敗の3連勝でハイセイコー記念を圧勝。まだまだ底を見せていない。戦ってきた相手は前者に比べると落ちるが、それでもこれまでのレース内容を考えると期待せずにはいられない。

 ヒガシウィルウィン(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)は2走前に全日本2歳優駿4着など交流戦で健闘していたが、前走のニューイヤーCでは1番人気に応えて完勝。今回はメンバーが強くなるが、走りながら力を付けてきた今なら通用してもおかしくない。

 ピンクドッグウッド(牝3、船橋・稲益貴弘厩舎)は昨年暮れの東京2歳優駿牝馬で優勝。早目に動いて押し切る強い内容だった。前走のユングフラウ賞は好発を切るも外から切り込まれ、そこから手応えが悪くなったように気性面での課題は残るが、大外枠を引いた今回はそのような面は心配ないだろう。牡馬相手にどれだけやれるか楽しみ。

発走は16時15分。

■調教追い切り動画


■陣営インタビュー


ピックアップ・データ(過去10年)

(1)門別出身組が圧倒!
門別競馬出身組が[7勝-2着5回-3着2回]と、クラシック戦線において圧倒的なパフォーマンス。今年は1番人気濃厚なローズジュレップを含む、6頭が該当。

(2)大井開催ながら船橋所属馬が5勝!
地元のTCK所属馬・川崎所属馬の2勝に比べ、船橋所属馬は断トツの5勝。ヒガシウィルウィンピンクドッグウッドソッサスブレイの3頭は門別出身+船橋所属で妙味も。

■勝馬投票券のご購入は「SPAT4」で!
京浜盃(SII)の勝馬投票券は、入会費&年会費無料の「SPAT4」(地方競馬インターネット投票)での購入がオススメ。「SPAT4プレミアムポイント」も合わせて登録すると、馬券を買うだけで「ポイント」が貯まり、そのポイントを「現金」や「景品」に交換いただけます。この機会にぜひご登録ください! 「SPAT4」入会は⇒コチラ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す