スマートフォン版へ

【ドバイWC】ラニ兄に2馬身遅れも状態良し 松永師は復活期待

  • 2017年03月23日(木) 06時00分
ドバイWC・UAE・G1」(25日、メイダン)

 決戦の行われるダートコースで22日、兄弟2頭が豪華リハを敢行した。結果は先行した兄のアウォーディーが先着。またこの日、日本で馬券が発売される3レースの枠順が確定。アウォーディーは7番枠(ドバイは馬番、ゲート番が同じ)に決定した。

 一杯に追われたラニアウォーディーに2馬身遅れでフィニッシュ。6F75秒6-35秒8-12秒2の時計に「状態はいい。1回使って体も締まってきた」と松永幹師は納得の表情を見せた。ドバイで挑んだ前哨戦は、後方で置かれて直線もバテた馬をかわした程度の6着。「体に余裕もあったし、思った以上にできていなかった。ここ(ドバイ)でやれている分、前走のようなことはないと思いたい」と使った上積みを期待する。1年前にUAEダービーを制した地で復活といくか。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す