スマートフォン版へ

【ドバイシーマC】ポストポンド反撃態勢 叩かれ上昇!師「連覇狙う」

  • 2017年03月24日(金) 06時00分
ドバイシーマC・UAE・G1」(25日、メイダン)

 昨年の覇者ポストポンドが23日、決戦の地となるメイダンの芝コースで追い切った。主戦のアッゼニを背に、併せた相手を楽に突き放す鋭い動きを披露。前日にドバイ入りしたヴェリアン師はその様子を見守り、「シャープな動きをしてくれました。アッゼニも動きを絶賛してくれた」と納得顔だ。

 前哨戦のドバイシティオブゴールドではゴドルフィン勢に包まれる形で2着に敗れたが、「正直、前走は100%の状態ではありませんでした。それに比べると1度叩かれた今回は、勝った昨年と似たような状態にまで戻ってきています」と反撃に向けて意気込みを口にする。

「オブライエンの2頭、ハイランドリールセブンスヘブンが相手でしょうか…」とライバルに警戒しつつも、「ウチの馬も負けていません」とキッパリだ。「(予報される)雨で重い馬場になっても、速い時計になっても対応できるのが強み。連覇を狙いますよ」と力強く宣言した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す