スマートフォン版へ

【ドバイターフ】大魔神がドバイ入り!ヴィブロスのオーナー佐々木氏WBC解説終え決戦の地へ

  • 2017年03月25日(土) 06時04分
 「ドバイターフ・UAE・G1」(25日、メイダン)

 大魔神こと元メジャーリーガーの佐々木主浩氏が、WBCの解説を終え、米国-成田-ドバイと約23時間の長旅を経て決戦の地に到着した。24日、朝は愛馬ヴィブロスとモレイラの初コンタクトに熱い視線を送り、「きのうも厩舎で見たけど、いい感じ。どんどん成長している」と満足げだ。

 本番にはゲートボーイを付けて挑むことが決定。着々と準備が進む。「モレイラはすごいわ。乗っただけで馬の特徴が分かる。全部当たっていた」とたたえれば、鞍上も「あす最も楽しみな馬の一頭」と気合が入る。オーナーにとって海外レース出走は初めて。「僕は協力するだけだけど。表彰台しか狙っていない」と勝負師らしい言葉を放った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す