スマートフォン版へ

マインドユアビスケッツが優勝、日本のディオスコリダーは11着/ドバイゴールデンシャヒーン

  • 2017年03月25日(土) 23時45分
 現地時間25日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイゴールデンシャヒーン(3歳上・首G1・ダ1200m・1着賞金120万米$)に、日本のディオスコリダー(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)が出走。

 優勝したのは、J.ロザリオ騎手騎乗のマインドユアビスケッツ(牡4、米・C.サマーズ厩舎)。スタートでやや出遅れて、道中も外々の後方にいたが、直線に向くと大外から豪快に伸びて優勝した。勝ちタイムは1分10秒91。

 2着はW.ビュイック騎手騎乗のコミカス(セ4、首・C.アップルビー厩舎)、3着にはC.ヘイズ騎手騎乗のモラウィジ(セ7、首・D.セルヴァラトナム厩舎)。

 ディオスコリダーは終始後方の位置にいて、直線に入ってからも見せ場なく11着に終わった。

【日本馬プロフィール】
ディオスコリダー(牡3)
騎手:S.フォーリー
厩舎:栗東・高橋義忠
父:カネヒキリ
母:エリモトゥデイ
母父:ワイルドラッシュ
馬主:野嶋祥二
生産者:前谷武志
通算成績:6戦2勝
主な勝ち鞍:冬桜賞(500万)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す