[海外]ニュース

ジャックホブスが優勝、サウンズオブアースは6着/ドバイシーマクラシック

[海外] 2017年03月26日(日)00時14分

注目数:16人
コメント数:16件
W.ビュイック騎手騎乗のジャックホブスが優勝し愛ダービー以来のGI制覇を達成した(撮影:高橋 正和)

写真を拡大 写真拡大

W.ビュイック騎手騎乗のジャックホブスが優勝し愛ダービー以来のGI制覇を達成した(撮影:高橋 正和)

 現地時間25日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイシーマクラシック(北半球産馬4歳上、南半球産馬3歳上・首G1・芝2410m・1着賞金360万米$)に、サウンズオブアース(牡6、栗東・藤岡健一厩舎)が出走。

 7頭立てで行われ、C.ルメール騎手騎乗のサウンズオブアースは道中4番手の位置。直線に入って鞍上が必死に追うが伸びず、6着に終わった。

 優勝したのはW.ビュイック騎手騎乗のジャックホブス(牡5、英・J.ゴスデン厩舎)。道中は3番手にいて、直線に入っても鞍上は持ったまま。直線半ばで満を持して追い出すと、後続を突き放して優勝した。2015年アイルランドダービー以来のGI制覇。勝ちタイムは2分32秒39。

 2着はS.ヘファナン騎手騎乗のセブンスヘブン(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)。A.アッゼニ騎手騎乗の昨年覇者ポストポンド(牡6、英・R.ヴェリアン厩舎)は3着、R.ムーア騎手騎乗の昨年のブリーダーズCターフ勝ち馬ハイランドリール(牡5、愛・A.オブライエン厩舎)は7着に敗れた。

【日本馬プロフィール】
サウンズオブアース(牡6)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・藤岡健一
父:ネオユニヴァース
母:ファーストバイオリン
母父:Dixieland Band
馬主:吉田照哉
生産者:社台ファーム
通算成績:21戦2勝
主な戦績:2016年ジャパンC(GI)2着

【関連記事】
【ドバイワールドC】 いざ世界一へ!3/25深夜発走
【ドバイターフ】 牝馬ヴィブロスが世界に挑む!
【ドバイシーマC】 強敵に挑むサウンズオブアース
【クラシックナビ】 次走報と出走ボーダーライン
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら予想家陣の勝負予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • きゃさん
    きゃさん
    ロイヤルブルーカッコいい

    2017年03月26日(日)14時02分

    いいね! いいね!:0
  • コウテツさん
    コウテツさん
    少頭数ですがこのレースが海外馬券初的中でした!
    サンドオブアースいつかG1のタイトル取れることを願ってます!

    2017年03月26日(日)13時34分

    いいね! いいね!:0
  • レーティング140さん
    レーティング140さん
    ポストポンド、昨年(レコード勝利)と全く違う競馬になってしまったな・・・・・・・残念。

    2017年03月26日(日)12時54分

    いいね! いいね!:1