[海外]ニュース

アロゲートが貫録勝ち、日本馬最先着はアウォーディー/ドバイワールドC

[海外] 2017年03月26日(日)01時55分

注目数:53人
コメント数:122件
最後方からの競馬となったM.スミス騎手騎乗のアロゲートが外から豪快に伸びて差し切り勝ち。世界最強を証明した(撮影:高橋 正和)

写真を拡大 写真拡大

最後方からの競馬となったM.スミス騎手騎乗のアロゲートが外から豪快に伸びて差し切り勝ち。世界最強を証明した(撮影:高橋 正和)

 現地時間25日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイワールドC(北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上・首G1・ダ2000m・1着賞金600万米$)に、日本馬4頭が参戦。

 14頭立てで行われ、優勝したのはM.スミス騎手騎乗のアロゲート(牡4、米・B.バファート厩舎)。スタート後に挟まれる不利があり、最後方からの競馬。道中も外々を回る苦しい展開だったが、徐々にポジションを上げ、直線に向くと外から豪快に伸びて差し切り勝ち。他馬をねじ伏せて世界最強を証明した。勝ちタイムは2分02秒15。

 2着はF.ジェルー騎手騎乗のガンランナー(牡4、米・S.アスムッセン厩舎)、3着はJ.ヴェラスケス騎手騎乗のネオリシック(牡4、米・T.プレッチャー厩舎)。

 日本から参戦した4頭は武豊騎手アウォーディー(牡7、栗東・松永幹夫厩舎)が5着、R.ムーア騎手騎乗のラニ(牡4、栗東・松永幹夫厩舎)が8着、C.ルメール騎手騎乗のアポロケンタッキー(牡5、栗東・山内研二厩舎)が9着、モレイラ騎手騎乗のゴールドドリーム(牡4、栗東・平田修厩舎)は14着に終わった。

【日本馬プロフィール】
アウォーディー(牡7)
騎手:武豊
厩舎:栗東・松永幹夫
父:ジャングルポケット
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
馬主:前田幸治
生産者:North Hills Management
通算成績:35戦10勝(重賞5勝)
主な戦績:2016年JBCクラシック(JpnI)

アポロケンタッキー(牡5)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・山内研二
父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母父:Gone West
馬主:アポロサラブレッドクラブ
生産者:Doug Branham
通算成績:20戦8勝(重賞2勝)
主な戦績:2016年東京大賞典(GI)

ゴールドドリーム(牡4)
騎手:J.モレイラ
厩舎:栗東・平田修
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
馬主:吉田勝己
生産者:ノーザンファーム
通算成績:10戦5勝(重賞2勝)
主な戦績:2017年フェブラリーS(GI)

ラニ(牡4)
騎手:R.ムーア
厩舎:栗東・松永幹夫
父:Tapit
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
馬主:前田葉子
生産者:North Hills Co. Limited
通算成績:14戦3勝(重賞1勝)
主な戦績:2016年UAEダービー(G2)

【関連記事】
【高松宮記念】 井内が調教絶賛「この馬しかない」
【高松宮記念】 ギ古澤が馬体で混戦模様のGIを斬る!
【高松宮記念】 データで浮かび上がる激走馬2頭は
【ウマい馬券】 亀谷・井内ら予想家陣のGI勝負馬券
【クラシックナビ】 次走報と出走ボーダーライン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    いや?、アロゲート日本に来て走ってくんねぇかな?(笑)。半分の力でかてるから(笑)

    2017年03月26日(日)20時03分

    いいね! いいね!:0
  • ウマンチュさん
    ウマンチュさん
    日本も土でレースしようぜ。

    2017年03月26日(日)19時09分

    いいね! いいね!:0
  • まりップ?さん
    まりップ?さん
    高貴な見た目に伴う実力
    本当の怪物と呼ぶのに相応しい、アロゲートの鮫のような眼差し、そしてレース後も涼しげな風貌
    自分は何故かスフィンクスを連想しました(笑)

    怪我に気をつけて、ずっと王者の風格のままの佇まいで居て下さい

    真の実力馬、アロゲート
    優勝おめでとうございました

    2017年03月26日(日)12時43分

    いいね! いいね!:7