[海外]ニュース

【ドバイWCデー】馬券売り上げは3レース合計25億8000万円

[海外] 2017年03月26日(日)02時38分

注目数:14人
コメント数:45件
 ドバイターフをヴィブロスで制した佐々木オーナー(右から3番目)と加奈子夫人(同2番目)=撮影・井上達也

写真を拡大 写真拡大

 ドバイターフをヴィブロスで制した佐々木オーナー(右から3番目)と加奈子夫人(同2番目)=撮影・井上達也

ドバイWCデー」(25日、メイダン競馬場)

 2017年の海外馬券発売第1弾の売り上げ合計は、3レースで25億8107万500円となった。

 各レースの売り上げはターフが5億7121万9400円、シーマクラシックが6億3023万900円、ワールドCが13億7962万200円。

 昨年秋に初めて海外馬券が発売された、凱旋門賞の売り上げは1レースで41億円超。今回と同じ複数レースが発売された昨年12月の香港国際競走では、4レース合計の売り上げが約38億2000万円だった。

提供:デイリースポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • クイーンさん
    クイーンさん
    ワールドカップの配当見たら売れてないのかなと思った。
    93倍の複勝が5倍って?って思った。

    2017年03月28日(火)11時55分

    いいね! いいね!:0
  • てんさんさん
    てんさんさん
    当然ですが情報の少なさから勝負レースにして買えるほど金額はつぎ込めないし、やはり慣れていないせいか3つのG1を予想する時間と集中力が圧倒的に足りないと思います。

    2017年03月27日(月)00時11分

    いいね! いいね!:1
  • Halicalさん
    Halicalさん
    去年の凱旋門賞はみんな初めてでテンションが上がってたのだろう。

    2017年03月26日(日)11時29分

    いいね! いいね!:1