[海外]ニュース

オーストラリアのジャミーカがGI3勝目、次走で女王ウィンクスに挑戦予定

[海外] 2017年03月27日(月)13時00分

注目数:7人
コメント数:10件

 オーストラリアにおける唯一の、馬齢重賞による芝2400mのG1・ザBMWが、25日(土曜日)にシドニーのローズヒルガーデンズ競馬場で行われ、3.1倍の1番人気に推されたジャミーカ(牝4、父マイボーイチャーリー)が優勝を飾った。

 大逃げを打ったラスケティスピリット(牝3、父ベネトゥー)を離れた2番手で追走したジャミーカは、3〜4コーナー中間付近から鞍上H.ボウマンに促されて差を詰め始め、400mある直線の入口で先頭へ。前走のG1・オーストラリアンC(芝2000m)で、ジャミーカを2着に退けて優勝しての参戦だったヒューミドー(騙4、父テオフィロ)が、道中中団から直線で追ったが、脚色が断然良かったジャミーカがヒューミドーに6.1/2馬身差をつける完勝。3歳春のG1・クラウンオークス(芝2500m)、4歳春のG1・コーフィールドC(芝2400m)に続く3度目のG1制覇を果たした。

 同馬は次走、4月8日にロイヤルランドウィック競馬場で行われるG1・クイーンエリザベスS(芝2000m)で、女王ウィンクスに挑む予定。この日、ジャミーカの手綱をとったH.ボウマンはウィンクスの主戦のため、次走は別の騎手で臨むことになる。

 なおジャミーカは、4月30日に香港のシャティン競馬場で行われるG1・クイーンエリザベス2世C(芝2000m)に登録がある他、陣営はその後の欧州遠征を視野に入れていると伝えられている。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【大阪杯】 キタサンブラックの仕上がりをチェック
【大阪杯】 マカヒキ復活へ向け、余裕十分の脚色!
【大阪杯】 サトノクラウン陣営「前走よりも上昇」
【ウマい馬券】 砂の達人が南関4場でも予想開始!
【クラシックナビ】 次走報と出走ボーダーライン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • お弟子さん
    お弟子さん
    ブレイブスマッシュ、ハレルヤボーイ、トーセンスターダムのオーストラリア移籍組と戦ってほしいね。(*´・ω-)b!

    2017年03月28日(火)13時24分

    いいね! いいね!:2
  • Halicalさん
    Halicalさん
    なるほど、オーストラリアのG1デーはハンデが重くなるのか。
    教えてくれた人、ありがとうございました。

    2017年03月28日(火)00時14分

    いいね! いいね!:2
  • ききょうさん
    ききょうさん
    ザBMW日本でも冠レースしてくれないかな? 商品は、もちろんBMW7シリーズ

    2017年03月27日(月)17時55分

    いいね! いいね!:1