スマートフォン版へ

【ドバイターフ】ドバイに神風!ヴィブロス大金星 モレイラの神騎乗に導かれ

  • 2017年03月27日(月) 06時00分
「ドバイターフ・UAE・G1」(25日、メイダン)

 中東の地で日本代表のなでしこが魅せた。ヴィブロスが、昨年のリアルスティールに続き日本馬4頭目となるドバイターフ制覇。元メジャーリーガーの“大魔神”こと佐々木主浩オーナーは、1着賞金約4億円をゲットした。秋はBCフィリー&メアターフ・米G1(11月4日・デルマー)参戦を視野に入れる。メインのドバイワールドCでは、世界最強馬アロゲートが圧巻の走りで7連勝を達成。4頭が出走した日本馬はアウォーディーの5着が最高だった。

 ドバイの地に“神風”が吹いた。ヴィブロスが初の海外遠征で大金星。その名を世界にとどろかせた。

 大魔神・佐々木主浩オーナーも大興奮のVだ。ゴールの瞬間、硬く握ったこぶしを高く上げて雄たけび。「ホームランを打ちましたね。(海外G1制覇は友道)先生の夢でもあったので祈るような感じだった。本当にうれしい」。目を潤ませながら「小さい体で本当によく頑張ってくれました」と話す加奈子夫人と抱き合って喜んだ。

「野球の方が自分でやれるので楽です。こっちの方が緊張した」。日米通算381セーブを挙げた大魔神。自ら体調管理のできる野球とは違い、競馬は会話のできない馬が相手。その分、愛馬に無理をさせないよう、慎重にローテを選択することに気を配っている。

 そのオーナーが運命的に出会ったのが、尻尾の短い姿にひかれたヴィブロス母ハルーワスウィートだった。牝馬クラシック3冠全てで2着に泣き、13、14年のヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナなど、この血を継ぐきょうだいを全て所有。海を渡ったアスリートにとって、悲願でもある海外G1制覇を思い入れの強い血統馬で達成した。

 まさに日本が誇るディープインパクト産駒の末脚だ。後方のインぴったりを回り、直線は残り400メートル地点で徐々に外へ。最後は風のように差し切った。たった一度の追い切り騎乗で全ての癖を把握したモレイラは、大一番で能力を最大限に引き出した。「バックストレッチの向かい風が強くて、馬の後ろにつけることを心掛けた」。風よけにライバル馬を利用するしたたかさ。マジックマンの異名を取る香港のトップジョッキーは、ドバイでも神騎乗で魅せた。

 歓喜から一夜明けた26日朝は引き運動で疲れをいやした。「いつものように全力を出し切った感じ。まだ信じられない気持ちで夢を見ているんじゃないか」と安田助手は感激に浸る。28日にドバイを出発。一気に世界の頂点に立ったシンデレラガールは、次の戦いを見据えてしばしの休息に入る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す