スマートフォン版へ

メイショウマンボ、ラストランの鞍上は小牧騎手に

  • 2017年03月31日(金) 18時47分
 4月8日に行われる阪神牝馬S(GII)を最後に現役引退が発表されているメイショウマンボ(牝7、栗東・飯田祐史厩舎)の鞍上が、小牧太騎手に決まった。コンビを組むのは今回が初。

 同馬は全30戦中25戦で武幸四郎騎手(現調教師)が騎乗していたが、同騎手が調教師に転身するため、昨年10月の府中牝馬S(GII)を最後にコンビを解消。その後の2戦は池添謙一騎手柴田善臣騎手が騎乗したが、ラストランの鞍上は未定となっていた。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す