[海外]ニュース

ドバイワールドC、2018年に賞金増額の見通し

[海外] 2017年04月03日(月)09時00分

注目数:21人
コメント数:66件
今年のドバイワールドCを制したアロゲート(撮影:高橋正和)

写真を拡大 写真拡大

今年のドバイワールドCを制したアロゲート(撮影:高橋正和)

 アロゲート(牡4、父アンブライドルズソング)の超絶パフォーマンスが記憶に新しいG1・ドバイワールドC(d2000m)の賞金が、2018年は増額される見通しであることが明らかになった。同競走を主催する立場にあるドバイの国王シェイク・モハメドが、自らメディアに対して語ったものだ。

 1984年の創設以来、賞金総額300万ドルを懸けて施行されていたG1・BCクラシックが当時の世界最高賞金競走だった中、1996年に賞金総額400万ドルが設定されて創設されたのがドバイワールドCだ。これを受け、96年秋のBCクラシックが賞金総額400万ドルに増額されたため、少しの間、2競走の賞金は並列だったが、1999年にドバイワールドCの賞金が500万ドルに増額され、単独で世界最高賞金競走の称号を奪取。その後、2000年〜2009年まで600万ドルでの施行が続いた後、舞台がナドアルシバ競馬場からメイダン競馬場に移った2010年からドバイワールドCの賞金は1000万ドルに増額され、断トツで世界一の座を守ってきた。

 ところが今年1月、米国フロリダ州に賞金総額1200万ドルのペガサスワールドCが誕生。ドバイワールドCは賞金首位の座を陥落していた。

 これに対し、「私たちは常に、ライバルに先んじていなければならない」とコメントしたのがシェイク・モハメドだ。具体的な金額こそ明らかにしなかったものの、「私たちはナンバーワンでありたい」と、ドバイワールドCの賞金をペガサスワールドCよりも上にすることを示唆している。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【桜花賞】 ソウルスターリング「本当に順調です」
【桜花賞】 ミスエルテ、終いしっかりの追い切り
【桜花賞】 カラクレナイ、マイル戦でも問題ない
【ウマい馬券】 砂の達人が南関4場でも予想開始!
【クラシックナビ】 次走報と出走ボーダーライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • 朧月夜さん
    朧月夜さん
    10年後には2000万ドルとかになってそう

    2017年04月05日(水)16時54分

    いいね! いいね!:0
  • アルコンさん
    アルコンさん
    ドバイが未だに石油で稼いでいると思っている人が多いんですね。すでにドバイは、石油に頼らず、観光、金融、商業で成り立っている国です。そうした国に変えたのは競馬でも有名なシェイク・モハメドです。そして世界から人を集めるPRの1つの目玉としてドバイワールドカップも組み込まれています。世界中から大金持ちを引きつける目的の為にも世界一の賞金という肩書きが欲しいところ。これでもっと盛り上がるレースになってそれを日本馬が勝てば最高ですね。

    2017年04月04日(火)23時54分

    いいね! いいね!:3
  • よんさん
    よんさん
    ダートが世界基準であれば日本競馬は2軍ってことかな?

    2017年04月04日(火)19時27分

    いいね! いいね!:0