スマートフォン版へ

キタサンブラック悠々 大阪杯初代王者から一夜明け

  • 2017年04月04日(火) 06時00分
 大阪杯初代王者となったキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久)が、レースから一夜明けた3日、栗東トレセンで落ち着いた様子を見せた。

「いつものレース後と同じような感じですね」と辻田厩務員は笑顔。完勝劇を振り返り、「(坂路3本乗りなど)追い込んだことで苦しかった時期もありましたが、乗り越えてくれた。昨秋からうまく気持ちが抜けるようになった」と、進化した姿に目を細めた。今後は連覇が懸かる天皇賞・春(30日・京都)に向けて調整される。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す