スマートフォン版へ

小林脩斗君、人馬一体となってターフを駆けたい

  • 2017年04月05日(水) 06時00分
 JRA競馬学校・騎手課程36期生の入学式が4日、千葉県白井市の同校で行われ、8人が晴れの日を迎えた。

 小林脩斗君(15)の父は、元・騎手で現在は久保田厩舎で調教助手を務める小林久晃さん。「常に向上心を持ち、一日一日を丁寧に過ごしたい。人馬一体となってターフを駆けたいです」と意気込みを語った。小林助手は「自分が通ってきた道を息子も通るのは複雑な気持ちがある。ただ、本人が決めた道だからね。病気やけがに気をつけて努力してほしい」と穏やかなまなざしを向けた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す