[海外]ニュース

英ダービーの第2次登録でディープインパクト産駒アキヒロがエントリー

[海外] 2017年04月10日(月)11時00分

注目数:50人
コメント数:57件

 4日(火曜日)に締め切られた第238回英国ダービー(6月3日、エプソム、芝12F10y)の第2次登録で、日本産ディープインパクト産駒のアキヒロ(Akihiro、牡3)が新たにエントリーを済ませたことが明らかになった。

 アキヒロは、ヴェルトハイマー兄弟による自家生産馬。重賞入着経験のある牝馬バーマを日本へ送り、ディープインパクトを交配して、14年2月21日に日本で生まれている。同年12月1日に出国し、米国を経由して仏国に渡り、伯楽として知られるアンドレ・ファーブル厩舎に入厩。昨年8月9日にドーヴィルで行われたメイドン(芝1500m)でデビュー勝ちを飾ると、9月8日にシャンティーで行われたG3・シェーネ賞(芝1600m)を制し、無敗の重賞制覇を果たして2歳シーズンを終えている。

 シェーネ賞で3着に退けたナショナルディフェンス(牡3)がその後、仏国における2歳牡馬王者決定戦的位置づけにあるG1・ジャンルクラガルデル賞(芝1600m)を制したことから、今年の仏国3歳クラシックの有力候補となっているアキヒロ。ファーブル厩舎所属のヴェルトハイマー兄弟所有馬には、3月23日にサンクルーで行われたメイドン(芝2100m)を快勝したプルマティーク(牡3)という有力3歳馬もおり、2頭の使い分けを考える意味でも、ファーブル師が「マイルよりは長い距離の方がよい」と見ているアキヒロを、英ダービーに登録することになったものだ。

 ファーブル師は、アキヒロの今季初戦が4月18日に英国のニューマーケットで行われるLR・フィールデンS(芝9F)になることも明らかにしている。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【皐月賞】 ファンディーナがド迫力の追い切り!
【皐月賞】 レイデオロ「走りたくて仕方がない」
【皐月賞】 スワーヴリチャード楽々先着のゴール
【ウマい馬券】 砂の達人が南関4場でも予想開始!
【クラシックナビ】 次走報と出走ボーダーライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • 二次元さん
    二次元さん
    日本の感覚で行けば、2歳のその時期の活躍がそんなにあてにならないと言えるけど、有名なファーブル厩舎だしある程度の見込みはあると思われてるはず

    ディープの子が日本とは全く違う馬場でどれだけやれるのか楽しみ

    2017年04月21日(金)08時26分

    いいね! いいね!:1
  • ゴトラッドさん
    ゴトラッドさん
    某団体の関係者に某昭弘って方がいたわ。
    (因みにその本部の地元出身者に中井騎手)

    アキヒロって名前でつい思い出した(笑)。

    2017年04月11日(火)18時29分

    いいね! いいね!:1
  • カッキーさん
    カッキーさん
    ディープインパクト産駒 ほど、
    名種牡馬って、いないんじゃないか?

    サンデーサイレンスと並ぶくらいでしょ

    2017年04月11日(火)07時30分

    いいね! いいね!:5