スマートフォン版へ

レイデオロ藤沢和師「皐月賞は難しいレース」/皐月賞共同会見

  • 2017年04月13日(木) 13時00分
 ホープフルS(GII)を含め、3戦3勝のレイデオロ(牡3・美浦・藤沢和雄)が、今年初戦となる皐月賞(GI・芝2000m)に向けて、ウッドチップコースで3頭併せで追い切った。管理する藤沢調教師が共同記者会見に臨んだ。

(前走のホープフルSを振り返って)
「2歳で短い期間に3回使ったのですが、競馬はすごく強かったと思っています」

(ここまでの調整過程は?)
「2歳戦で2000mを3度使いましたし、前走後は疲れを取るということでゆっくり牧場で調整していました。1か月前に帰厩して、今週に向けて徐々にペースアップしてきています」

(この1か月の間の変化は?)
「最初来た頃はおっとりしていたのですが、徐々に気は乗ってきていると思います」

(2歳時と比べて変わってきた点は?)
「2歳のうちは短期間で競馬を使ったせいか、気が乗り過ぎるところがあったのですが、今回帰ってきてからはおっとりしています。調教をもう少しした方が良いのかなと思うくらいのおっとりした感じで、良いなとは思っています」

(今日の3頭併せの追い切りについて)
「彼もそんなに調教では速い時計は出さないのですけど、今日はゴール前だけ並ぶようにということで、ゴールしてからは1ハロン、2ハロンと流していきました。予定通りの調教でした」

(今回の位置取りは?)
「これまでは後方だったりと、まだ少し競馬が荒いところがあったのですけど、今回は皆強い馬たちですから上手に競馬をしてもらいたいです」

(馬場が悪くなった場合は?)
「皆同じ条件ですし、経験はないですけど、大丈夫だと思います」

(希望の枠順はある?)
「いえ、大丈夫です」

(牡馬のクラシックタイトルへの思いを)
「いつも勝ちたいなと思っています。皐月賞というのはまた難しいレースですね。コースもそうですし、時期も難しいです。まだ(牡馬のクラシックは)勝ったことがないので、勝ちたいなと思っていつもやらせてもらっています」

(最後にファンへのメッセージを)
「昨年は素晴らしい成績だったので、今年もまた良いレースをしてもらいたいと思って期待しています。応援してください」

(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す