[海外]ニュース

昨年の米2歳牡馬王者・クラシックエンパイアがアーカンソーダービー制覇

[海外] 2017年04月17日(月)11時00分

注目数:19人
コメント数:11件

 昨年9月17日にチャーチルダウンズで行われたG3・イロコイS(d8.5F)を皮切りにスタートした「ケンタッキーダービー・ポイント指定競走」は、15日(土曜日)の現地時刻18時30分にオークローンパークでスタートしたG1・アーカンソーダービー(d9F)をもって、全35戦(日本ラウンドの2戦は除く)の日程を終了。最終戦を制したのは、クラシックエンパイア(牡3、父パイオニアオヴザナイル)だった。

 2歳時に5戦し、G1・BCジュヴェナイル(d8.5F)、G1・ブリーダーズフューチュリティ(d8.5F)、G3・バッシュフォードマナーS(d6F)の3重賞を含む4勝をマーク。エクリプス賞2歳牡馬チャンピオンに選出されたのがクラシックエンパイアだ。ところが今季初戦となった、2月4日にガルフストリームパークで行なわれたG3・ホーリーブルS(d8.5F)では、パドックから馬場入場、ゲート入りまでイレコミっぱなしで、勝ち馬に8.3/4馬身離される3着に敗退。しかもレース後、右前脚の蹄に膿腫を発症したため、以降はじっくりと時間をかけて立て直しが図られていた。

 この日のクラシックエンパイアはイレコミもなく、レースも中団で折り合った後、直線で末脚を伸ばす“大人の競馬”で快勝。3度目のG1制覇を果たした。

 大混戦と言われる今年のケンタッキーダービー戦線だが、最後の前哨戦で復活した2歳チャンピオンが、軸となりそうな気配である。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【福永祐一】 レーヌミノルに感じた独特の気配とは
【小牧太×高倉稜】 大絶賛! 行きつけの秘湯レポ
【大井・笹川翼】 地方最激戦区にこだわった理由は
【クラシックナビ】 次走報と出走ボーダーライン
【ウマい馬券】 砂の達人が南関東4場でも予想開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • レーティング140さん
    レーティング140さん
    2歳王者クラッシックエンパイア、アイリッシュウォークライ、そしてオルウェイズドリーミング。

    2017年04月18日(火)14時58分

    いいね! いいね!:0
  • mケーさん
    mケーさん
    結局前走の入れ込みは怪我が原因だったのかな?

    2017年04月18日(火)00時30分

    いいね! いいね!:0
  • マクフィさん
    マクフィさん
    クラシックエンパイアってエンパイアメーカー産駒だと思ったら、パイオニアオヴザナイル産駒だったか。と思ったらエンパイアメーカーはお爺ちゃんに該当するのか。

    2017年04月18日(火)00時11分

    いいね! いいね!:2