スマートフォン版へ

【マイラーズC】栗東レポート〜エアスピネル

  • 2017年04月19日(水) 17時28分
☆4月23日(日曜日)京都競馬場で行われる第48回マイラーズC(芝外1600m サラ4歳上,オープン GII)に出走を予定している馬についての追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

エアスピネルについて、笹田和秀調教師

・どんな距離にでも対応して走るのはこの馬の身体能力の高さがあってこそだと思っています。ただ現時点では体型的な面や走りから1600mから2000mがベストではないかと思っています。

・今年になって精神的な落ち着きが徐々に出て結果につながっているとは思いますが、まだこの馬の潜在能力は出し切れていないと思っています。前走の東京新聞杯は勝ち馬の逃げる流れの中、よく差を詰めています。

・GIの舞台で最高のパフォーマンスをしてくれればいいですね。でもその前のこのレースも本番につながると思いますから楽しみです。

・今日の追い切りは馬場の悪い中坂路で52秒台の時計が出ました。この馬に力があり、且つ状態がいいということでしょう。万全に最終調整ができ体制が整いました。

・とにかく予定通りここまで運ぶことが出来ました。結果を出してGIで本領を発揮してもらいたいですね。

エアスピネルについて武豊騎手

・クラシックであれだけ上位に来ている訳ですから力があります。ただ距離適性が掴みづらいのですが現時点ではマイルがいいのではと思っています。今年初戦の金杯はいいレースでしたがもっと走れる感触がありました。東京新聞杯はスローペースの特殊なレースで本来の走りではありませんでした。レース後もすぐに息が入っていました。

・一週前の追い切りに乗りましたがいい走りでした、久々にこの馬らしい走りを見せてくれました。今回の京都マイルは条件がピッタリ。ここで結果を出してこの馬とともにGIを獲りたいですね。

(取材:檜川彰人)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す