[中央]ニュース

ゴールドアクター、天皇賞(春)1週前厩舎情報/美浦トレセンニュース

[中央] 2017年04月20日(木)15時40分

注目数:14人
コメント数:14件
日経賞を使われ、体が引き締まってきたゴールドアクター(撮影:佐々木祥恵)

写真を拡大 写真拡大

日経賞を使われ、体が引き締まってきたゴールドアクター(撮影:佐々木祥恵)

 天皇賞(春)(4月30日・GI・京都芝3200m)に出走予定のゴールドアクター(牡6・美浦・中川公成)が、今回初めてコンビを組む横山典弘騎手を背に、1週前追い切りを消化した。追い切り後の中川調教師のコメント。

「前走(日経賞・GII・5着)は、有馬記念(GI・3着)後に笹針をしたこともあり、乗り込みが足りなくて体が太めで重かったですね。今回は1度使って体が引き締まってきました。今日は...

続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • JEFTOMOさん
    JEFTOMOさん
    吉田隼人騎手は個人的に応援したいし、してたけど、京都3200なら自分は典さんを推したい。実績があるし、人気薄になったことでマークもない。一発があるかもしれない。
    中小の馬主だし、G1で少しでも勝率を上げたいのも理解できる。賞金が入れば次にいい馬を作れるかもしれない。
    ロマンだけでは馬主はやっていけないだろうし、乗り替わりは仕方ないと思います。

    2017年04月21日(金)09時26分

    いいね! いいね!:6
  • ゲストさん
    ゲストさん
    ゴールドアクターが一着でゴールし、横典さんのガッツポーズが目に浮かびます、同じ相手には負けてほしくないです!リベンジしてくれぇー!典さんマジックだー。

    2017年04月21日(金)08時34分

    いいね! いいね!:4
  • クライスト教授さん
    クライスト教授さん
    とうとう鞍上を降ろしてしまったのには正直ガッカリする。
    前走の敗戦は却って本番のためには良い敗戦(人気に推されて焦って好位置を取りに動いて惨敗した昨年より人気落ちでじっくり乗れるようになる)と思えただけに、ここで逃げ、追い込み両極端の手品師を使っては、仮に好走しても「また特定上位騎手の援護だよ…」と競馬ファンに見透かされる事になってしまった。
    巻き返しで狙うつもりだったが、この鞍上変更で却って狙いを下げるしかないと思った。

    2017年04月21日(金)03時18分

    いいね! いいね!:2