スマートフォン版へ

【栗東通信】好調梅田厩舎 今週はアドマイヤローザがスタンバイ

  • 2017年04月21日(金) 17時58分
 この勢いは見逃せない。19日に大井で行われた東京スプリント(交流G3)。2着馬の追撃を、頭差しのいだキタサンサジン(牡5歳、栗東・梅田智之厩舎)が重賞初勝利を挙げた。「最後はオーナーの運。しっかりと勝てたのは大きい」。笑みを浮かべた梅田智之調教師が「今年の重賞は着外がない」と胸を張る。

 京都牝馬Sレッツゴードンキ)1着、日経賞アドマイヤデウス)3着、高松宮記念レッツゴードンキ)2着、そして東京スプリントの1着。4戦全てで馬券に絡んでいるのだ。

 今週のフローラS(日曜東京11R)にはアドマイヤローザがスタンバイ。「チャンスのある馬。前をかわそうとしないから、きょうも気合をつけておいた」と、21日に輸送前日の微調整を終えて満足げ。その後も、天皇賞・春(30日・京都)のアドマイヤデウスヴィクトリアマイル(5月14日・東京)のレッツゴードンキと、重賞挑戦が続く。“着外なしを継続中”の好調厩舎に乗り続けるのも手だ。(井上達也)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す