スマートフォン版へ

青葉賞 マイネルスフェーンに“第2の奇跡”あるか/トレセン発秘話

  • 2017年04月27日(木) 18時00分
 これは血のなせる“奇跡”だろうか。

 何のことかといえば、今週のダービートライアル・青葉賞に出走を予定するマイネルスフェーンの話である。それはGIII京成杯(3着)の翌週の、管理する手塚貴久調教師の落胆した表情から始まる。

「レース後に歩様が乱れて、検査した結果が肩の筋肉痛。かなりひどい状態だね。残念ながら春は全休かなぁ。ウチのキュウ舎も今春のクラシックと無縁になっちゃったな」

 順調であることの難しさは、長年競馬を見ていれば痛いほど分かる。時にクラシックがサバイバル戦と称されるのもそれが理由だ。思えば京成杯がデビューから8戦目。その肉体が悲鳴を上げて不思議のない時期で、リタイアやむなしと受け止めていたのだが…。

「近々戻ってくるよ。ひょっとしたら皐月賞にも間に合うかも。放牧1か月を過ぎて急激な回復を見せているんだ」

 トレーナーがこう語ったのは3月下旬。さすがに驚いた。春全休どころか、これではちょっと長めの冬休みではないか。この言葉を聞いて、タフさを売りにした母マイネジャーダの現役時をふと思い出した。

 母親の初陣は2歳戦いの一番の、夏の福島。2着が続き初勝利は札幌に転戦した3戦目だった。ただ、本当にすごかったのはここからだ。

 以後もほぼ“無休”で走り続け、2勝目は11戦目の5月東京(芝1600メートル)。さらにそこから中1週で駒を進めたオークスはシンガリ人気ながら8着と大健闘。何とタフな牝馬かと舌を巻いた記憶がある。

「前走時にはなかった“フレッシュ感”が戻ってきたし、むしろいい休養になったのかも。1週前がウッド5ハロン66.0秒。これだけやったのは初めてですが、全然へこたれていません。やっぱり本質がタフなんでしょう」

 こう語るのは松本純輔助手。今回の取材中、彼が馬栓棒に脳天を打ち付ける衝撃シーンがあったのだが、平然と取材対応するのだから担当者も負けず頑強である。

皐月賞に出ていても、前々の高速決着ではおそらく出番はなかったと思います。今年に限っては現時点の賞金(1750万円)ではダービー出走も怪しいし、その意味ではトライアルからの始動が災い転じて福となれば」

 オークスで最速上がり(35秒2)をマークした母を思えば、東京2400メートルは格好の舞台。これに父ステイゴールドの成長力がかみ合えば…“第2の奇跡”も夢ではあるまい。

 (美浦の宴会野郎・山村隆司)

東京スポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す