スマートフォン版へ

【QE2世C】ネオリアリズム軽快4F56秒8 初コンビ“マジックマン”も驚き

  • 2017年04月28日(金) 15時00分
 「クイーンエリザベス2世C・香港G1」(30日、シャティン)

 日本から唯一参戦するネオリアリズムが27日、シャティン競馬場の芝コースで最終追い切りを行った。激しい雨が降るなか、軽快なフットワークを披露して絶好調をアピール。ドバイターフでヴィブロスを勝利に導いた“マジックマン”モレイラとの初コンビで海外G1獲りに挑む。なお、出走馬とゲート番が決定。馬券は30日午前10時から発売される。

 激しい雨が降りだしたシャティンの芝で、初コンビとなる名手モレイラを背にネオリアリズムが登場。各国メディアの注目が集まるなか、まずは軽いキャンターでコミニュケーションを取り、徐々にペースを上げていった。

 道中の折り合いを完璧につけて直線へ。ラストは無理に仕掛けることなくストライドを伸ばし、4F56秒8-2F23秒6の時計でさっそうと駆け抜けた。鞍上は「元気一杯。気持ちが入っている。“ロックンロール”だ!」と独特の表現でパートナーの状態の良さを伝える。「伸びやかな動きをしてくれて、非常にいい印象を持った。本番に向けて態勢は整っている」と力を込めた。スタンドで動きを見届けた堀師も「初騎乗のジョッキーに感触をつかんでもらいました。遠征も2回目なので輸送もスムーズでしたし、馬にも落ち着きがあります」と満足げにうなずいた。

 昨年の札幌記念モーリスを破り、今季初戦の中山記念では、次戦でドバイターフを制したヴィブロスを相手に完勝。まだG1タイトルはないものの、下した相手は超一線級だ。27日現在のブックメーカー各社で1番人気の支持を集めているのも当然だろう。昨年暮れの香港マイルでは9着完敗を喫したが、雪辱の機会は早くも訪れた。2度目のチャレンジで悲願のビッグタイトル奪取を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す