[海外]ニュース

ネオリアリズムが海外でGI初制覇!/クイーンエリザベスII世C

[海外] 2017年04月30日(日)19時05分

注目数:151人
コメント数:128件
向上面で仕掛け早め先頭に立ったJ.モレイラ騎手騎乗のネオリアリズムが後続の追撃を振り切って優勝(撮影:斎藤 修)

写真を拡大 写真拡大

向上面で仕掛け早め先頭に立ったJ.モレイラ騎手騎乗のネオリアリズムが後続の追撃を振り切って優勝(撮影:斎藤 修)

 現地時間30日、香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベスII世C(3歳上・香G1・芝2000m・1着賞金1140万香港$)に、日本のネオリアリズム(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が出走。

 8頭立てで行われ、J.モレイラ騎手騎乗のネオリアリズムは中団からの競馬。向上面で仕掛けて先頭に立つと、最後まで脚色が衰えることなく、後続の追撃を振り切って優勝した。昨年のマイルCS3着、香港マイル9着に続く3度目の挑戦で、うれしいGI初制覇。勝ちタイムは2分04秒59。

 2着はS.デソウサ騎手騎乗のパキスタンスター(セ4、香・A.クルーズ厩舎)、3着にはH.ボウマン騎手騎乗のワーザー(セ5、香・J.ムーア厩舎)が入った。

 半兄のリアルインパクトも豪州G1を勝っており、日本調教馬としては初となる兄弟国際GI制覇の偉業も達成した。

【日本馬のプロフィール】
ネオリアリズム(牡6)
騎手:J.モレイラ
厩舎:美浦・堀宣行
父ネオユニヴァース
母トキオリアリティー
母父:Meadowlake
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:19戦8勝
主な戦績:2017年クイーンエリザベスII世C(香G1)1着

【関連記事】
【特集】 NHKマイルカップの最新情報をチェック!
【石川裕紀人×笹川翼】 ネクスト世代の向上心
【小牧太×高倉稜】 2人が語る『逃げ、追い込みの極意』
【クラシックナビ】 ダービーの出走ボーダーライン公開中
【ウマい馬券】 砂の達人がダートグレード競走の予想公開中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • matthewyip01さん
    matthewyip01さん
    神騎乗モレイラ

    2017年05月06日(土)13時30分

    いいね! いいね!:0
  • ゲストさん
    ゲストさん
    bIanxさん 木曽馬と与那国馬は在来種って言うんですよ 日本で生まれたのが国産馬って言うんです!

    2017年05月01日(月)15時04分

    いいね! いいね!:2
  • akataneさん
    akataneさん
    日本の凱旋門勝利は堀厩舎が第一号になってほしいな、ホント。

    2017年05月01日(月)12時36分

    いいね! いいね!:2