スマートフォン版へ

アウトライアーズ田辺騎手「得意の距離で挽回したい」/NHKマイルC共同会見

  • 2017年05月03日(水) 17時00分
 皐月賞(GI)12着から、NHKマイルC(GI・芝1600m)に駒を進めるアウトライアーズ(牡3・美浦・小島茂之)。坂路コースで田辺裕信騎手が手綱を取って最終追い切りを消化した。追い切り後、小島調教師と田辺騎手の共同記者会見が行われた。

■小島調教師

(最終追い切りについて)
「通常この時期の3歳馬は、結構気負ってきてどうやって落ち着かせるかに重点を置く場合が多いのですけど、皐月賞前と同じく落ち着きがありましたので、田辺ジョッキーと話をして先週末イメージしていたより少し踏み込んでみました。レース間隔は短くてもしっかりやって良いのではないかということで、前に2頭目標を置いて、あとは田辺騎手に任せてしっかりやってもらいました」

(坂路、4ハロン50秒8、最後の1ハロン12秒7というタイムについて)
「前の馬と距離が離れていたため前半内を通ったので、50秒台が出ました。外を通っていたら恐らく51秒台か2秒前半くらいの時計だと思います。でも何より本番前にしっかりやれたということが、1番良かったです」

(皐月賞の時と比較すると?)
「大きくは変わっていないですね。イメージとしては、落ち着かせながらどれくらいコンディションを維持、あるいは上げるかということを考えていたのですけど、落ち着きがあり過ぎるくらいなので、もう一歩二歩、攻めて良いということだろうという判断で、今日攻めてみました」

(皐月賞を振り返って)
「レース自体は途中何事もなく良いポジションで行けたと思います。ただ結果として前に有利な馬場だったということと、手応えがあったので外に出したようですけど、外よりも内の馬が伸びていたのを考えると、運がなかったというか向かなかったかなと思います。あとは前々から言っていた距離の分が、もしかしたらあるのかなとも思っています」

(距離に関して)
「未勝利は2000mで勝っていますし、上のクラスでも2000mで良い勝負はしているのですけど。上に行けば行くほど2000mの層も厚くなってきますし、この子は今も2000mに対応できないことはないと思うのですけど、強いメンバーの中に入ると1600の方が競馬がしやすそうです。母系を見るともっと短い距離を走る兄弟が多くて、そういう意味ではこの子はまだ距離は持つ方かなとも思いますが、今の時点で競馬がしやすいのは1600でしょう」

(NHKマイルC参戦はある程度早めに視野に入っていた?)
「2000mの未勝利を勝った時にはダービーを目標にと考えましたけど、その後のレースあたりから気負いが強くなりました。母系の血統的背景もあるので、馬と喧嘩して競馬をするよりは、この子に合ったレース、気分良く走れるレースをということで田辺ジョッキーとも話をして、早いうちに選択をさせてもらっていました」

(東京コースについて)
「1度走った時には、若干掛かり気味で3着でしたが、あの時は前に馬がいなくてずっと気負った状態で走っていました。それで3着だったので、恐らく適鞍であろう1600の芝に行けば、もう少し持ち味が生かせるのではないかなと、イメージしています」

(流れが変わって折り合いも変わってくるかと思うが?)
「その点は田辺騎手に任せます。これだけ攻めてきても折り合いに関しては気にならないと言いますか、逆にもう少し気持ちがグッと入って良いくらいだなと思っていますので、楽しみに迎えられます」

(デビューからここまでの成長具合は?)
「デビュー前からちょこちょこ馬体のシルエットが変わっています。脚が長くなっていたかと思えば、最近は脚が短く見えるような体型になってきています。乗ると筋肉は少し硬く感じるんですけど、リラックスしている時は触ると柔らかいですし、良い成長をしてきてくれていると思います。これからどのようになってくるのか、まだ成長段階だと思います」

(好走するためのポイントは?)
「攻めているのに落ち着き過ぎているのは良いことのようですが、距離が1600mなので程よい気合いが出てくればと思っています。逆にこれだけ攻めてきても当日気負ってしまうことがなく、パドックから返し馬の雰囲気が良ければ力を出せると思います」

(昨年ロードクエストで2着だったが、このレースへの意気込みを)
「去年とは馬は別ですし、この馬は今年GIが2つ目で、春はこれで恐らくお休みになると思うんですけど、無事にやってこられたということと、最後にしっかり攻めてこられたということが何よりです。田辺ジョッキーが馬を信じてくれているので、あとはお任せして、残りの何日か我々もできることをしっかりやっていこうと思います」


■田辺騎手

(最終追い切りについて)
「元々稽古で動く馬なので、前の馬を見ながら反応を見るのと、競馬を使ってきている馬なので雰囲気と息遣いを見る感じで調整をしました。前の2頭のおろしがけの時計が速くて、前半ついていけなかったんです。直線を向くまで結構内めを回っていたので、時計は出ていましたけど、結構内外の差はあると思うんですよね。

 流した感じであの時計でしたし、終わってからの息遣いも良かったので、無事に負荷をかけられたのは良かった点だと思います。良い意味で気持ちの面で上がり下がりがなく、落ち着いていて平行線で来ているのもとても良いと思います」

(前走時と比較しては?)
「前回も動き自体は悪くなかったのですけど、やはり2000mに対する不安などがありましたし、皐月賞の前からダービーではなくNHKマイルCに向かうと言っていた通り、距離の問題があったと思うので、距離が短縮するのはこの馬にとってはプラスだと思います」

(前走を振り返って)
皐月賞の週は時計がすごく出る馬場で、この馬自身も脚を溜めていたつもりでしたが、道中なし崩しに脚を使わされた感じで、持ち味の最後の切れがあまりなかったです」

(2000mよりも1600mの方が良いですか?)
「未勝利を勝って500万に上がって長い距離を使った時に掛かり出しました。その辺から距離は大丈夫かなというのが頭にあって、また1600に戻した時にポンと結果が出ましたので、距離のことは結構考えましたね。2000mだと力んで道中体力使いそうな走りをしていたので、1600の方がまだ伸び伸び走れるのかなという感じはします。折り合いを考えて乗らなければならないなどの不安がだいぶなくなるので、それはかなりプラスだと思います」

(東京コースは?)
「新潟でも走っていますし、右回り、左回りは特に注文つかないので特に心配していません」

(ここまでの成長具合は?)
「良い時も悪い時も乗せてもらっていますが、この馬自身が落ち着いていて、必ず元の状態に戻ってリセットしやすくなったことが、最近大人になったところだと思います。だから皐月賞から切り替えて、このレースに向かえるのだと思います」

(レースのポイントは?)
「距離も違いますが、先週乗って馬場状態も中山とは全然違いましたので、中山で走れた馬が東京を苦にすることもあるとは思います。この馬自身、いろいろな馬場で走った経験があるので、それは強みになると思います」

(この馬にかける期待は?)
「マイルCのことが先に頭に浮かぶ馬でしたし、ここは頑張りたいですね」

(ファンにメッセージを)
皐月賞で結果を出せなかったのですけど、得意の距離で挽回したいと思います。頑張ります」

(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す