スマートフォン版へ

【かしわ記念レース後コメント】コパノリッキー武豊騎手、インカンテーション岩田騎手ら

  • 2017年05月05日(金) 18時30分
 船橋競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われたダートグレード競走の第29回かしわ記念(第11競走・JpnI・4歳以上・ダート1600m・1着賞金6000万円)は10頭が出走した。

 好スタートを切った3番人気のJRAのモーニンが先手を取り、外から4番人気のJRAのブラゾンドゥリス、1番人気のJRAのベストウォーリアが続き、その後に6番人気のJRAのリッカルド、5番人気のJRAのインカンテーションとなり、スタートではやや遅れた2番人気のJRAのコパノリッキーが中団の6番手となった。

 3コーナーを回って先頭のモーニンベストウォーリアが差をつめようとするところにコパノリッキーが外から差をつめ、4コーナーでは馬群の一番外を回ったコパノリッキーが最後の直線で伸び脚よく抜け出し、内から伸びたインカンテーションに2馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分39秒9。勝利騎手はJRAの武豊。逃げたモーニンはクビ差の3着となり、ベストウォーリアは4着に終わった。5着がブラゾンドゥリスで6着がリッカルドとなり、上位6着までをJRA勢が占めた。

 コパノリッキーは、父ゴールドアリュール母コパノニキータ(母の父ティンバーカントリー)という血統の牡7歳栗毛馬。JRA栗東・村山明厩舎の管理馬。コパノリッキー武豊騎手のコンビは連覇をはたし、ともにかしわ記念は3勝目となった。コパノリッキーはGI9勝目。通算成績は29戦14勝(中央競馬では15戦6勝)となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 コパノリッキー
 武豊騎手
「嬉しいです。1番枠だったので、いろんなケースを想定してゲートに入りました。スタートが良くなかったので、先行する選択肢はなくなりました。道中いい感じで走ってくれていましたし、直線を向く時の感じも良く、久々にこの馬らしい走りが出来ました。つかみどころがない馬で、いまだにわからないことが多いのですが、走った時は強いですね。去年もこのレースから復調しましたし、今年もそうなればいいですね。」

 村山明調教師
「すごく嬉しいです。栗東にいる時は少し太いのかと思いましたが、今日はマイナス8キロでちょうど良く仕上がったのかなと思います。武豊騎手とも話をして、うまく外に出せればと言っていました。4コーナーでの手ごたえはよくわかりませんでしたが、うまく前に取り付いたので、頑張れという思いでした。1600メートルも左回りもいいのだと思います。この後は体調を見て考えます。」

2着 インカンテーション 岩田康誠騎手
「初めて乗りましたが、乗りやすい馬で、どんなレースでも出来そうです。1600mも大丈夫ですし、これから楽しみです。」

4着 ベストウォーリア 戸崎圭太騎手
「スムーズにいきましたが、勝負どころで少し反応が鈍いところがありました。」

5着 ブラゾンドゥリス 内田博幸騎手
「このメンバー相手によく頑張っています。いまのところはワンターンのコースのほうがいいのかもしれません。力はありますし、これからもっと力をつけてくればいいですね。」

(取材:小塚歩)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す