スマートフォン版へ

英国のポストポンドが引退 16年ドバイSCでドゥラメンテ破る

  • 2017年05月06日(土) 12時40分
 5日、イギリスのポストポンド(牡6、英・R.ヴェリアン厩舎)が故障により引退することがわかった。

 同馬は欧州中長距離路線のトップホースの1頭で、2015年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS、日本のドゥラメンテも出走した2016年のドバイシーマクラシックを優勝するなどGI4勝を含む20戦9勝。連覇を狙った今年のドバイシーマクラシック(3着)がラストランとなった。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す