スマートフォン版へ

【ヴィクトリアMレース後コメント】アドマイヤリード C.ルメール騎手ら

  • 2017年05月14日(日) 17時12分
東京11Rのヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は6番人気アドマイヤリード(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着に11番人気デンコウアンジュ、さらにクビ差の3着に7番人気ジュールポレールが入った。

アドマイヤリードは栗東・須貝尚介厩舎の4歳牝馬で、父ステイゴールド母ベルアリュール2(母の父Numerous)。通算成績は14戦5勝。

〜レース後のコメント〜
1着 アドマイヤリード(C.ルメール騎手)
「自信はありました。この馬場も上手です。スタートでいい位置が取れてペースも速くなかったです。速い脚が短い馬なので、直線まで我慢していました。前走と近い馬場状態でしたし、小さな馬なので、こういうコンディションはいい走りをします。馬場の外のいいところを走れました。嬉しいです」

(須貝尚介調教師)
「素直に嬉しいです。想定より馬体を減らさずに臨めました。ルメール騎手はここ2週の追い切りにも乗ってくれていましたし、今日も理想通りのレースをしてくれました。直線は声が出ましたが、勝てると思って見ていました。この馬に関わった全ての人に感謝したいです。お世話になっている近藤オーナーの馬で勝てて嬉しいです。以前、この馬を管理していた松田博資先生にもお礼を申し上げたいです」

2着 デンコウアンジュ(蛯名正義騎手)
「東京コースは合います。少し時計の掛かる馬場も良かったです。一瞬勝ったかと思いました。よく走っていると思います」

3着 ジュールポレール(幸英明騎手)
「一瞬やったかと思いました。馬も力をつけていますし、まだまだ良くなると思います。今後が楽しみです」

4着 スマートレイアー(武豊騎手)
「この馬の特性を生かす競馬をしました。一瞬勝つかと思っただけに悔しいです。一瞬の脚の差ですかね」

6着 クイーンズリング(M.デムーロ騎手)
「よく頑張っていますが、馬場が合いませんでした。ジリジリとしか伸びませんでした」

7着 ミッキークイーン(浜中俊騎手)
「上手に出て、そのままの位置で競馬をしました。直線でいつも反応の鈍い馬ですが、今日は手前を3回くらい変えていて、外からデンコウアンジュが来ても抵抗できませんでした。ちょっと分かりません」

10着 ルージュバック(戸崎圭太騎手)
「追走は楽でしたが、位置取りが後ろになりました。伸びもいまいちという感じでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す