[海外]ニュース

英ダービーへの重要ステップに2戦2勝のフランケル産駒クラックスマンらが出走

[海外] 2017年05月15日(月)11時15分

注目数:17人
コメント数:20件

 英国では今、国内各地の競馬場で6月3日にエプソムで行われるG1・英ダービー(芝12F10F)へ向けた最終プレップが行われているが、中でも最大の注目を集めているのが18日にヨーク競馬場で行われるG2・ダンテS(芝10F88y)である。

 ブックメーカー各社が2.75〜3倍のオッズを掲げて前売り1番人気に推しているのが、クラックスマン(牡3、父フランケル)だ。ここまでの戦績2戦2勝。今季初戦となった前走、ダービーの舞台となるエプソムのダービートライアルS(芝10F17y)を使われて快勝。ダンテSも無事通過すれば、本番でも最有力馬の1頭となることが予想されている。

 この他、エプソムのダービートライアルSでクラックスマンの2着になった後、LR・ニューマーケットS(芝10F)を4.1/2馬身差で快勝したパーミアン(牡3、父テオフィロ)、今季初戦となった前走G3・バリーサックスS(芝10F)で重賞初制覇を果したリキンドリング(牡3、父ハイシャパラル)、G1・カナディアン国際(芝12F)勝ち馬ヒルスターの半弟で、今季初戦だった前走ノッティンガムのメイドン(芝10F52y)でデビュー2戦目にして初勝利を挙げたクリスタルオーシャン(牡3、父シーザスターズ)、G1・オペラ賞(芝2000m)などG1・2勝馬ナーレインの初仔で、前走G3・クレイヴンS(芝8F)3着のベンバトル(牡3、父ドゥバウィ)らが出走予定で、ダービーの前哨戦として絶対に見逃せない戦いとなりそうだ。

 なおG1・英2000ギニー(芝8F)勝ち馬チャーチル(牡3、父ガリレオ)の陣営からはまだ、同馬がダービーに向かうか、マイル路線を歩むかの発表がなされていない。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【今週の見所】 牝馬クラシック第2弾オークス&ダートGIIIの平安S
【海外競馬】 人気に応えてチャーチルが3歳牡馬3冠初戦・2000ギニーを制す
【海外競馬】 春天4着のアドマイヤデウスが今秋に豪州遠征へ
【海外競馬】 オールウェイズドリーミングが米3冠初戦を制す
【ウマい馬券】 今週の南関は川崎 菜七子騎手も登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ヨネヒロフミさん
    ヨネヒロフミさん
    悪い馬場を嫌って回避とは、ソウルスターリングの桜花賞敗退で囁かれたFrankel産駒の重不得手説につながるものがある。日本の軽い馬場が一番合うのかも。

    2017年05月19日(金)06時12分

    いいね! いいね!:0
  • ☆らら☆さん
    ☆らら☆さん
    欧州のフランケル産はここに来て
    盛り返してきたけど

    日本のフランケル産は?な所もあり
    まだサンプル数少ないから
    なんとも言えないけど

    早熟なのか、ポシャりから
    復活のある産駆なのか?微妙ね

    2017年05月16日(火)08時46分

    いいね! いいね!:0
  • たたさん
    たたさん
    フランケル産駒3歳戦では
    ちょっと微妙やから
    注目ですね

    2017年05月16日(火)08時45分

    いいね! いいね!:0