スマートフォン版へ

【南関東競馬】的場文男騎手が地方通算7000勝を達成

  • 2017年05月17日(水) 20時50分
「川崎マイラーズ・S3」(17日、川崎)

 南関東競馬の的場文男騎手(60)=大井・フリー=が17日の川崎競馬11レース「川崎マイラーズ・S3」をリアライズリンクス(牡7歳、浦和・小久保)で勝ち、佐々木竹見氏に次いで史上2人目となる地方通算7000勝を達成した。1973年10月にデビューしてから44年、大井の帝王と呼ばれる大ベテランが不屈の闘志で大台に到達した。

 ついに的場文がやった。最後の直線。いつものように体を上下に動かす激しいアクションでパートナーにゲキを飛ばす。それに応えたリアライズリンクスがグイグイと伸びてトロヴァオをかわして先頭でゴール。ゴールを過ぎて力強く右手でガッツポーズすると、スタンドから大きな歓声が沸き起こった。

「重賞で7000勝を達成できて、関係者とファンの皆さんに感謝しています。喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。次は(佐々木)竹見さんに近づけ、追い越せで頑張っていきたい」とコメントこれまで度重なる大ケガを不屈の闘志で克服してきた。60歳を過ぎても、以前と変わらぬ勝負への執念で若手たちと互角に戦う。次の目標はもちろん佐々木氏の持つ国内最多勝の7151勝だ。絶対に超えることは不可能といわれた偉大な記録の更新を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す