[海外]ニュース

日本産ハーツクライ産駒・ヨシダが2連勝でベルモントダービーへ

[海外] 2017年05月22日(月)17時59分

注目数:55人
コメント数:74件

 20日に北米メリーランド州のピムリコ競馬場で、G1・プリークネスS(d9.5F)のアンダーカードとして行われた3歳馬による準重賞・ジェームスマーフィーS(芝8F)を、日本産馬のヨシダ(牡3、父ハーツクライ)が快勝。前走のメイドン(芝8F)に続く2連勝を飾った。

 3.8倍の2番人気での出走となったヨシダは、序盤は12頭立ての最後方で競馬を進め、3コーナー手前から鞍上のJ.ロザリオに促されて内埒沿いを通りつつ徐々に進出。直線に向いた時にはまだ7〜8番手だったが、残り300m付近で外側にいた馬を弾き飛ばすようにして馬場中央に出ると、そこから一気に加速して抜け出し、最後は後続に4馬身という決定的な差をつけて優勝を飾った。

 ヨシダは、北米でG1・バレリーナS(d7F)を含む5重賞を制したヒルダズパッションの2番仔。14年春にノーザンファームで生まれ、15年のJRHAセレクトセール1歳部門に上場されたところ、北米のケンタッキーに拠点を置くウィンスターファームが9400万円で購買。ウィンスターファームとチャイナホースクラブの共同所有馬としてウィリアム・モット厩舎に入厩し、昨年11月19日にアケダクトのメイドン(芝8F)でデビュー。ここ2着の後、ひと息入れ、4月9日にキーンランドで行われたメイドン(芝8F)を4馬身差で制して初勝利を挙げていた。

 ヨシダの次走は、7月8日にベルモントパークで行われるG1・ベルモントダービー(芝10F)になる模様だ。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【プロフィール】 ヨシダのプロフィール・掲示板
【海外競馬】 世界の競馬サークルで輝きを放つ日本産ブランド
【海外競馬】 価値が100倍以上になった馬が登場したアルカナ・ブリーズアップセール
【海外競馬】 オールウェイズドリーミング米2冠ならず/プリークネスS
【特集】 日本ダービーの最新情報はここでチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • フルタカチホさん
    フルタカチホさん
    >国内の馬にヨシダとかつけたら社台は怒るだろうなー
    吉田姓の生産者は社台だけじゃありませんよ。クモワカ、ワカクモ、テンポイントで有名な吉田牧場もまだ健在です。
    それに、1990年までは「ヨシダ」を冠にした馬が主に地方競馬で走っていました。

    2017年06月03日(土)21時53分

    いいね! いいね!:0
  • セキトメオーさん
    セキトメオーさん
    ヴェルテアシャフトも2000m以上いけそうな気がしてきた…

    2017年05月25日(木)08時13分

    いいね! いいね!:0
  • クライスト教授さん
    クライスト教授さん
    トルコでトウゴウと名付けられるように、ハーツクライ産駒でもあり日本生産界の偉人である吉田(善哉)氏から馬名を取るのは普通だと思う。
    よく考えれば、冠名ならともかく馬に自分の名前を付ける事の方が変じゃないかと思う。
    強ければ良いけれど、弱ければ名付けた本人が一番悔しい想いに駆られるだろうから。
    私的には、自分の名前以上に変に感じるのは馬に別の動物の名前を付ける事で、それも強さを表す肉食系ならまだしもウサギなど被肉食系が付けられたりするのは奇妙に思う。
    ウサギも本気で走れば結構早いのは理解しているが、やはり狩られる動物の代表格だけに冠名の下に取って付けたようにラビットと付いているのを見ると「何だかなあ?」という思いになる。

    2017年05月23日(火)18時20分

    いいね! いいね!:1