[海外]ニュース

アメリカで96歳の調教師の管理馬が勝利、最高齢記録を更新

[海外] 2017年06月05日(月)11時30分

注目数:11人
コメント数:24件

 3日(土曜日)に北米フロリダ州のガルフストリームパーク競馬場で行われた開催の、第2競走に組まれたメイドン・クレイミング(ダート6ハロン)で、2.8倍の1番人気に推されたコットントゥーヤー(牝3)が優勝。同馬を管理するジェリー・ボゾ調教師(96歳)が、北米のサラブレッド競馬史における調教師の最高齢優勝を果たした。

 2006年4月22日に、当時95歳2か月だったノーブル・スリーウィット調教師が、サンタアニタのメイドンを管理馬スリーアットワンスで制したのが、これまでの記録だ。1920年10月25日生まれで、現在96歳7か月のボゾ調教師は、スリーウィット調教師の記録を11年ぶりに更新したことになる。

 ガラス瓶の製造会社を営むかたわら、乗馬を楽しんでいたボゾ師は、やがてサラブレッドの生産と所有にも参画。1969年に会社を売却すると、以降は競走馬の生産と所有に本腰を入れ、ついに63歳の時(1984年)に調教師免許を取得。2015年5月30日には、自らが生産・所有・調教するフラッタービーで、ガルフストリームパークのシーリリーHを制し、調教師による特別戦の最高齢優勝記録を樹立していた。なおフラッタービーは、2015年7月5日のG2・プリンセスルーニーSで、2着となる実績も残している。

 3日のコットントゥーヤーによる勝利は、ボゾ調教師にとって通算で214回目の勝利だった。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【特集】 矢作厩舎の厩舎力
【合田直弘】 女性調教師師の営む小さな厩舎の挑戦
【インタビュー】 米の名門厩舎で体感した世界トップクラスの馬作り
【海外競馬】 日本産ハーツクライ産駒・ヨシダが2連勝
【特集】 宝塚記念の最新情報はここでチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    川崎所属の八木正雄調教師、親の知人だった事から、子供の時に可愛がってもらっいました。

    気の良いおじいちゃんって感じ。

    八木のじっちゃんの名前を覚えていて、出してくれる方が居るなんて嬉しい限りです!

    2017年06月06日(火)16時34分

    いいね! いいね!:1
  • ゲストさん
    ゲストさん
    日本は土地に余裕ねーんだよ!
    なんでもかんでも欧米礼賛してんじゃねーよ!

    2017年06月06日(火)14時44分

    いいね! いいね!:1
  • ゲストさん
    ゲストさん
    調教師の定年制反対
    体力と資金力がある所は特例で許可すべき

    2017年06月06日(火)13時46分

    いいね! いいね!:1