スマートフォン版へ

【メイクデビュー(阪神5R)レース後コメント】 アマルフィコーストが新馬戦勝ち

  • 2017年06月10日(土) 14時47分
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1400m)は2番人気アマルフィコースト(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒1(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気スカーレットカラー、さらに2馬身半差の3着に4番人気ステラローザが入った。

アマルフィコーストは栗東・牧田和弥厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー母ジプシーハイウェイ(母の父High Chaparral)。通算成績は1戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 アマルフィコースト(浜中俊騎手)
「調教通り反応の良さをレースでも発揮してくれました。最後は余裕もありました。センスの高さがレースにつながっています。先々楽しみです」

2着 スカーレットカラー(太宰啓介騎手)
「スタートはひと息でしたが、道中は馬込みの中でも上手に走っていましたし、ラストの脚もしっかりしていました。内容の良いレースで、距離は延びても大丈夫そうです」

3着 ステラローザ(福永祐一騎手)
「スタートからずっと周囲のいろいろなものを見て怖がって落ち着いて走れていませんでした。それでも直線はしっかり走りましたし、芝の走りも良く、調教の時より終いの伸びが良かったのは収穫です。次は慣れてくると思いますし、悪くない初戦だったと思います」

4着 グランデミノル(幸英明騎手)
「ゲートが速く、前に行こうと思えば行けたのですが、大事に乗ろうと思い、下げて後方からのレースになりました。道中は馬込みに入るとムキになってひっかかってしまいました。今日は大事に乗ったのが裏目に出ました」

5着 ジョイオブライフ(池添謙一騎手)
「道中はフワフワして、いろいろ気にする面がありました。4コーナーは、狭いところにも入っていきましたし、ラストもジリジリと脚を使っています。使って上積みがありそうですね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す