[海外]ニュース

エピカリスが出走取消/ベルモントS

[海外] 2017年06月10日(土)22時30分

注目数:67人
コメント数:77件
残念ながら出走取消となったエピカリス(写真は現地時間10日朝、(C)netkeiba)

写真を拡大 写真拡大

残念ながら出走取消となったエピカリス(写真は現地時間10日朝、(C)netkeiba)

 現地時間10日にベルモントパーク競馬場で行われるベルモントSに出走を予定していたエピカリスの出走取消を現地主催者が発表した。

 最終追い切り後に右前脚に違和感が出たため、蹄のケアを行うとともに消炎剤を投与したことが所属するキャロットクラブのホームページで明かされていた。

 レーシングポストもエピカリスの出走取消を伝えており、その記事の中でNYRAの獣医管理責任者であるスコット・パーマー氏の「彼は足に痛みを持ちました。多分1週間あれば彼は出走することがありえたでしょう。しかし、時間がなくなりました。正しい決定はなされました。最優先事項は馬です」という内容のコメントを掲載している。

 レース前日の9日も厩舎の外にエピカリスが出てくることがなかったため心配されていたが、レース直前で無念の出走取消となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲストさん
    ゲストさん
    日本馬回避でも5億ちょっと売り上げて主催者側にテラ銭払っても足が出てなければJRAはよかったんじゃないの?売り上げ至上主義だから下手なマイナスにならなければおそらく誰にも文句を言われないからね。

    2017年06月11日(日)22時38分

    いいね! いいね!:0
  • 名前は未だ無いさん
    名前は未だ無いさん
    賢明な選択でしたね。ここがゴールではない馬ですから、とはいえ走る馬と脚元は常に相反する関係。古馬になってより強靭な馬体に成長することを祈る。

    2017年06月11日(日)16時45分

    いいね! いいね!:1
  • うま好き爺さん
    うま好き爺さん
    競馬及び馬の安全に対する認識は、日本はまだまだ後進国ですね。
    安全面含め馬に対する基本的な考え方を変えて行かない限り、
    なかなか欧米のレベルには到達しないような感じがしました。

    2017年06月11日(日)13時37分

    いいね! いいね!:2