スマートフォン版へ

【メイクデビュー(東京6R)レース後コメント】ホーリーレジェンド内田博幸騎手ら

  • 2017年06月11日(日) 14時03分
東京6Rのメイクデビュー東京(牝馬限定、芝1600m)は2番人気ホーリーレジェンド(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒8(良)。クビ差2着に4番人気リープフラウミルヒ、さらに3馬身差で3着に3番人気レッドレグナントが入った。

ホーリーレジェンドは美浦・栗田博憲厩舎の2歳牝馬で、父アイルハヴアナザー母セイングレンド(母の父バブルガムフェロー)。

〜レース後のコメント〜
1着 ホーリーレジェンド(内田博騎手)
「攻め馬から素直で真面目な馬ですし、そういった意味でも新馬向きだったのでしょう。追ってからもしっかりしていました」

2着 リープフラウミルヒ(石川騎手)
「新馬向きの気性ですし、スタート良く先行出来ました。馬場のいいところを選んで走れましたが、最後に勝った馬に寄って来られた分、粘れませんでした。ただ、すぐに勝ち上がれると思います」

3着 レッドレグナント(丸田騎手)
「思った以上にまだフワッと走っている感じでした。ただ、終いはしっかり来ていましたし、1回競馬に使ったことでまた変わると思います」

4着 トーセンアンバー(菊沢隆徳調教師)
「ちょっと用心深いところを見せていましたが、初戦としては良かったと思います。1度使ったことで変わってくるでしょう」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す