[中央]ニュース

【メイクデビュー東京レース後コメント】テンクウ田辺騎手ら

[中央] 2017年06月18日(日)15時46分

注目数:2人
コメント数:0件
東京5Rで道中2番手から抜け出し勝利したテンクウ(c)netkeiba、撮影:下野雄規

写真を拡大 写真拡大

東京5Rで道中2番手から抜け出し勝利したテンクウ(c)netkeiba、撮影:下野雄規

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は1番人気テンクウ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒5(良)。1馬身1/4差2着に4番人気ニシノベースマン、さらに3/4馬身差で3着に5番人気フォレストガーデンが入った。

テンクウは美浦・奥村武厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ母ピサノドヌーヴ(母の父アグネスタキオン)。

〜レース後のコメント〜
1着 テンクウ(田辺騎手)
「調教が良かったようですし、今日は勝つことと、この先のことを考えて乗りました。スタートは水準で、二の脚がついて好位を取れました。道中、燃えてしまう心配がありましたが、大丈夫でした。追い出す時にモタつきましたが、使ったことで前向きさが出て、そのあたりが解消されてくるといいですね」

(奥村武調教師)
「いい競馬になるだろうと思っていました。兄(イブキ)とはタイプが違いますね。ゆくゆくは短距離にシフトするかもしれませんが、マイル以上の距離をなるべく教えていきたいです」

2着 ニシノベースマン(藤岡佑騎手)
「仕上がりの良さを生かせました。スタートは出ませんでしたが、ジワジワと上がって行きました。上がりの速い競馬で、よく脚を使っています」


東京6Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は2番人気ムスコローソ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7(良)。5馬身差2着に5番人気リンシャンカイホウ、さらに3/4馬身差で3着に3番人気エングローサーが入った。

ムスコローソは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ母ルナレガーロ(母の父アドマイヤムーン)。

〜レース後のコメント〜
1着 ムスコローソ(戸崎騎手)
「追い切りで動いていましたし、少しフワフワしながらも上手に走っていました。終いもしっかりしています。走りますね」

2着 リンシャンカイホウ(内田博騎手)
「返し馬で飛び上がったりして若いところを見せていますが、能力はあります。落ち着いて競馬が出来るといいです」

3着 エングローサー(ルメール騎手)
「ゲートを出てから物見をして進んで行きませんでした。最後はいい伸びだったのですが...」

4着 ラインマッシモ(石川騎手)
「1本足りないかなと聞いていましたが、返し馬から馬の雰囲気がとても良かったです。動ける態勢にありましたし、センスのいい馬です」

提供:ラジオNIKKEI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する

まだコメントの投稿はありません。あなたの投稿をお待ちしております。