[海外]ニュース

仏1000ギニー馬プレシュースが追加登録料を支払ってコロネーションS出走へ

[海外] 2017年06月19日(月)10時30分

注目数:8人
コメント数:4件

 20日に開幕するロイヤルアスコットの、4日目のメイン競走として行われる3歳牝馬のG1コロネーションS(8F)に向けて、17日(土曜日)正午に設定されていた登録段階で、G1仏1000ギニー(芝1600m)勝ち馬プレシュース(牝3、父タマユズ)の陣営が、3万5千ポンド(約510万円)を支払って追加登録を行ったことが判明。G1英1000ギニー(芝8F)、G1愛1000ギニー(芝8F)を連覇しての参戦となるウィンター(牝3、父ガリレオ)の対決が実現することになった。

 プレシュースは、ブレンダンとアンマリーのヘイズ夫妻が愛国に持つノックトーランスタッドによる生産馬。生産者の所有馬としてデビューし、2歳時は3戦して、LRゼダーン賞(芝1200m)2着、LRヤコレフ賞(芝1100m)2着などの成績を残しながら、未勝利に終わっている。

 今季初戦となったフォンテンブローのメイドン(芝1200m)で初勝利。続くシャンティーのG3シジー賞(芝1200m)で2着となった後、5月13日にドーヴィルで行われたG1仏1000ギニーを快勝。その後、ホワイトバーチ・ファームのピーター・ブラント氏が、ヘイズ夫妻との直接交渉の末に同馬を購買している。

 ブックメーカー各社は、ウィンターをオッズ2倍を切る1番人気に支持。プレシュースは8〜11倍のオッズで2〜3番人気となっている。

(文:合田直弘)

【関連記事】
【合田直弘】 ディープ産駒セプテンバーが英ブックメーカーでオークス1番人気に
【合田直弘】 欧州古馬路線にニュースター誕生なるか
【SPコラム】 松永幹夫厩舎に聞く米国遠征の舞台裏―ラニが示した道標
【インタビュー】 米の名門厩舎で体感した世界トップクラスの馬作り
【特集】 宝塚記念の最新情報はここでチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • コウテツさん
    コウテツさん
    おぉ?豪華だな?(^^)

    2017年06月19日(月)13時20分

    いいね! いいね!:2
  • Halicalさん
    Halicalさん
    そう言えば、年の初めにソウルスターリングが桜花賞を勝って、コロネーションSに出走して欲しいとか合田さんが言ってたな。

    2017年06月19日(月)13時11分

    いいね! いいね!:3
  • レーティング140さん
    レーティング140さん
    チャーチル、ウィンター、ともに3歳マイル3冠に挑戦か。

    2017年06月19日(月)11時42分

    いいね! いいね!:4