スマートフォン版へ

【宝塚記念】ゴールドアクター意地見せる 迫力満点の伸び脚で反撃なるか

  • 2017年06月20日(火) 06時03分
 「宝塚記念・G1」(25日、阪神)

 グランプリホースの意地を見せたい。15年有馬記念ではキタサンブラック(3着)を下し、初G1制覇を成し遂げたゴールドアクター天皇賞・春は7着に敗れたが、「2走ボケみたいな感じだった。パドックからおとなし過ぎた。競馬をしていない」と中川師は力負けを否定する。

 今回の最終追いは単走で流した前走時とは違い、従来の併せ馬に戻す予定。「今回はいつものパターンで。その効果があれば」と反撃を誓った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す