[海外]ニュース

愛ダービーはカプリが優勝、英ダービー馬が骨折して引退

[海外] 2017年07月04日(火)18時40分

注目数:19人
コメント数:20件

 現地時間1日、アイルランドのカラ競馬場で行われた愛ダービー(3歳・牡牝・愛G1・芝2400m・1着賞金85万5000ユーロ)は、S.ヘファナン騎手騎乗のカプリ(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)が優勝した。同馬はGI初制覇、管理するA.オブライエン調教師は愛ダービー12勝目。

 9頭立てで行われ、5頭はA.オブライエン厩舎所属。そのうちの1頭であるジアンヴィル(牡3)が逃げる展開で、カプリは2番手からの競馬。直線で先頭に立つと、後続が猛然と追い込んできたが、最後まで抜かせず、そのままゴールした。

 通算成績は9戦4勝。勝ちタイムは2分35秒45。2着はP.スマレン騎手騎乗のクラックスマン(牡3、英・J.ゴスデン厩舎)、3着にはR.ムーア騎手騎乗の英ダービー馬ウイングスオブイーグルス(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)。なお、ウイングスオブイーグルスは骨折していたことが判明し、引退することが決まった。

【関連記事】
【特集】 七夕賞の最新情報をチェック!
【特集】 プロキオンSの最新情報をチェック!
【福永祐一】 帝王賞優勝! 『定年が迫る目野師に恩返しを』
【マスコミ座談会】 書き手にも読み手にも必要!? 競馬界の“忖度問題”
【ウマい馬券】 砂の達人が全国の予想を公開中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • プロストさん
    プロストさん
    ダービーが盛り上がらないのはある意味可哀想だな。

    2017年07月05日(水)08時02分

    いいね! いいね!:1
  • カラヴァッジオさん
    カラヴァッジオさん
    記事今更?
    現状ヨーロッパの世代王者を決めるレースはダービーでは無いので手薄なレースになってしまってますね
    厩舎がオブライエンばかりでも、勝ち馬含めてほとんどが低いレベルの馬なのが非常に残念です

    2017年07月05日(水)00時24分

    いいね! いいね!:4
  • ヨネジロウさん
    ヨネジロウさん
    英ダービーは距離こそ2400mだが
    40メートルの高さの坂を登って下りるという要素がある
    コースはコの字を逆にした半周コース
    芝が重いとか関係ない
    こんなコースで平地の世界レコードとか絶対出るわけがない
    出たらそいつは500年先ぐらい行ってるバケモンだ

    すくなくとも中山の勝ち方をすべて知り尽くしたような競馬関係者じゃないと
    欧州競馬は無理
    その中山の1コーナーにある山ですら高低差5mしかないんだ

    日本の競馬は坂超えコースに関しては
    菊花賞出すと馬が潰れるから出したくないとかそんなレベルだ

    2017年07月04日(火)23時57分

    いいね! いいね!:4