[海外]ニュース

主役不在の欧州中距離路線 今年も有力牝馬の動向には注意が必要

[海外] 2017年07月13日(木)06時00分

注目数:7人
コメント数:6件

「魁!海外馬券塾」(12日)

 8日に行われたエクリプスS・英G1は4歳馬ユリシーズがG1初制覇を飾った。2走前のプリンスオブウェールズS・英G1では、ハイランドリールと僅差3着の競馬をしており、素質馬が軌道に乗った印象だ。

 注目していた3歳馬クリフスオブモハーは4着に敗れたが、道中で大きな不利を受けており、この馬の評価は次戦以降に持ち越されたことになる。

 今年の欧州の中距離戦線はレースのたびに勝ち馬が変わり、確たる主役のいないまま夏の盛りを迎えようとしている。ただでさえ近年のこの路線では牝馬の活躍が目立つが、今年も有力牝馬の動向には注意が必要だろう。

 大雨の中で行われた英オークス・英G1を制したエネイブルの評価が高い。ゴールではどの馬も余力をなくす厳しいレースで、2着馬に5馬身差をつけた勝ちっぷりは底知れない力を感じさせるものだった。断然人気を背負っての出走となる15日の愛オークス・愛G1でも前走並みのパフォーマンスを見せられれば、ますます将来が楽しみになる。

 牝馬マイル路線では今年G1を3連勝中のウインターの力が抜けている。日本で馬券発売されるレースに登場する機会があるかは分からないが、今後も連勝街道を突き進む可能性が高そうだ。(海外競馬コーディネーター・田中敬太)

[函 館 記 念]ステイインシアトル・(1週前は)動きは良かった。屈腱炎は…。<池江師>/コメントチェック
[函 館 記 念]ツクバアズマオー・函館Wで5F68秒2-38秒2-12秒8(馬なり)…。/調教チェック
[サンプル]予想に使える!過去5走の近走成績が馬柱で見られる!/実寸大の馬三郎
回収率、的中率からG1に強い予想記者までランキング形式でご紹介!
新着次走情報はこちら

提供:デイリースポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ラテイルオさん
    ラテイルオさん
    凱旋門賞過去10年のフランス牝馬及び仏以外の牝馬の勝率および3着内率を調べました。

    フランス牝馬:延べ23頭出走 1着4回(.173) 1〜3着7回(.304)
    仏国以外の牝馬:外:延べ11頭出走 1着2回(.181) 1〜3着4回(.363)

    勝利数は勿論フランス馬の方が多いですが、
    母数を勘案したうえで割合を比較すると特段の違いは無いです。

    但しご存じの通り、欧州以外の牝馬が3着以内に好走した事はありません。
    皆様のおっしゃる通り、ソウルスターリング是非見てみたいものですね。
    お母さんの雪辱を果たして欲しいです。

    2017年07月13日(木)20時02分

    いいね! いいね!:0
  • レーティング140さん
    レーティング140さん
    ウィンターVSソウルスターリングが見たい。

    2017年07月13日(木)17時35分

    いいね! いいね!:0
  • お弟子さん
    お弟子さん
    今年も牝馬がアツい!

    2017年07月13日(木)10時25分

    いいね! いいね!:0