スマートフォン版へ

テイエムジンソクの4連勝なるか/エルムSの見どころ

  • 2017年08月07日(月) 10時00分
 近3戦全て圧勝のテイエムジンソクが登場。4連勝で重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/13(日) エルムS(3歳上・GIII・札幌ダ1700m)

 テイエムジンソク(牡5、栗東・木原一良厩舎)は東大路S(1600万下)、大沼SマリーンSと3連勝中。4馬身差、4馬身差、5馬身差とその内容も圧勝ばかりで、完全に本格化したと言っていいだろう。重賞初挑戦のここも突破して、秋の大レースに向かいたいところだ。

 クリノスターオー(牡7、栗東・高橋義忠厩舎)は休み明けの平安Sこそ14着と惨敗したが、続くマーキュリーCで3着に入り、まだまだやれるところを見せた。本レースでは2014年2着、15年4着、16年2着という成績だが、今度こそ勝ち星を掴むことができるか。

 その他、マーキュリーCで2着のピオネロ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)、平安S惨敗からの巻き返しを期すロンドンタウン(牡4、栗東・牧田和弥厩舎)、降級戦を勝ってオープンに戻ったコスモカナディアン(牡4、美浦・金成貴史厩舎)、昨年3着のモンドクラッセ(牡6、美浦・清水英克厩舎)、北海道から参戦のオヤコダカ(牡5、北海道・米川昇厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す