[騎手]ニュース

藤岡佑介騎手らが小学生との交流イベントを札幌競馬場で開催

[騎手] 2017年08月08日(火)17時20分

注目数:14人
コメント数:20件
バックヤードツアーで検量室の案内をする藤岡佑介騎手

写真を拡大 写真拡大

バックヤードツアーで検量室の案内をする藤岡佑介騎手

 8日、札幌競馬場で藤岡佑介騎手発案の子ども向け夏休みイベント『馬とジョッキーと遊ぼう♪』が行われ、小学生と保護者約50名が参加した。

 当イベントは昨年に小倉競馬場で開催した熊本地震の復興支援イベントに続く小学生を対象としたイベントで、“地元の子供たちと交流できる機会を作りたい”という佑介騎手の思いに賛同した藤岡康太騎手荻野琢真騎手国分恭介騎手城戸義政騎手小崎綾也騎手の計6名が参加。

 イベントでは、札幌競馬場のバックヤードツアーや、小崎騎手による障害飛越のデモンストレーション、恭介騎手、城戸騎手による引馬体験のほか、バーベキュー大会や、サイン入りプレゼントが当たるビンゴ大会が行われ、子供たちが笑顔ではしゃぐ姿が多く見られた。

 イベント終了後、発案者の佑介騎手は「昨年の復興支援イベントに続いて、継続的に子供たちと触れ合える機会が作れたらと思っていました。決して規模は大きくないですが、毎年続けていくことにも意義があると思っているので、たくさんの方のご協力があった上で、今年もこうして実現できたことに感謝しています。

 昨年の熊本の子どもたちもそうですが、馬に触れたことで"カワイイ"とか、"競馬に興味を持った"と言ってくれたことが一番嬉しいですね。

 今回、少しでも夏の思い出になってくれればと思って企画しましたが、たくさんの方々が参加してくれてとても嬉しかったですし、これから今日一緒に遊んだジョッキーたちを応援してくれたらもっと嬉しいですね」と笑顔で語った。

【関連記事】
【特集】 関屋記念の最新情報をチェック!
【特集】 エルムSの最新情報をチェック!
【小牧太】 人生観も変わった被災地での5日間 そしてレース復帰への決意
【小林智×藤岡佑介】 『日本人初のフランスでの開業 道なき道を選んだ生き方』
【ウマい馬券】 100万馬券の女神、倉持由香ほか人気予想家40名の予想を公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • クライスト教授さん
    クライスト教授さん
    養殖事業ではない馬の管理育成にはどうしても人手が掛かるモノ。
    しかも現代は狭い厩屋社会だけでは成り立たないほどの規模に膨らみ、競馬業は不要な仲介屋を除いてどの分野も慢性的な人手不足。
    こうした根本原因を解消するためにも今やるべき事がこうした若年層へ興味を持たせる触れ合いイベント。
    きっかけは震災復興でも一過性で終わらせないように今年も開催したのは大いに良い事。
    ともすればレースばかりが重視されやすいが、こうしたイベントこそが土台を作り、維持するために必要なもの。
    是非とも長く続けて行って欲しい。
    さすがは親の苦労を間近で見てきた藤岡佑介。見直した!

    2017年08月09日(水)11時33分

    いいね! いいね!:2
  • うおすきさん
    うおすきさん
    楽しそうですね?!
    毎年恒例となるといいですね!

    前述にもありましたが、騎手のみなさんやJRAにお願いしたいのは、中高生から成人までのイベントをしてあげてほしいです!
    牧場は人手不足ですし、進路を競馬の方に考えてくれるようなきっかけとなるのでは!

    2017年08月09日(水)09時32分

    いいね! いいね!:0
  • コウテツさん
    コウテツさん
    良いイベントですね(^^)

    2017年08月09日(水)07時43分

    いいね! いいね!:2