スマートフォン版へ

ダービー馬弟・レイエンダの骨折が判明、症状は比較的軽度

  • 2017年08月10日(木) 19時27分
 先月30日の札幌新馬戦を快勝したレイエンダ(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)が骨折したことがキャロットクラブのホームページで発表された。

 キャロットクラブのホームページによるとレースで負ったものと思われ、「左膝にごく小さな骨片、右膝に棘状の骨膜、そして右前副手根骨の骨折」とのこと。比較的軽度の症状で近日中に骨片摘出と骨膜のクリーニング手術を行うと発表されている。

 レイエンダは今年の日本ダービーを制したレイデオロ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)の全弟。その血統背景とデビュー戦での勝ちっぷりから将来への期待が高まっていた。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す