[中央]ニュース

日本馬の評価変わらず、凱旋門賞1番人気のエネイブルが急上昇/LWBRR

[中央] 2017年08月11日(金)16時30分

注目数:18人
コメント数:38件
天皇賞・春を制しているキタサンブラックは距離区分「E」では世界トップ

写真を拡大 写真拡大

天皇賞・春を制しているキタサンブラックは距離区分「E」では世界トップ

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)が「ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」を発表した。今回の発表は今年の1月1日から8月6日までの世界の主要競走が対象。先月末の英国・キングジョージVI世&クイーンエリザベスSなどが新たに含まれるようになった。

 ランキングトップはアロゲートで134ポンド、第2位はウィンクスで132ポンド。アロゲートは復帰初戦のサンディエゴHでまさかの4着という結果になったが引き続きトップ。ウィンクスは新規の出走なし。

 第3位はガンランナーで、今回追加された期間中にホイットニーS(G1)を圧勝。前々回123ポンド4位、前回125ポンド3位、今回127ポンドとさらに評価を上げた。

 今回一気に評価を上げたのは古馬相手のキングジョージVI世&クイーンエリザベスS(G1)で圧巻の勝利を見せたエネイブル。前回発表時も121ポンド12位タイに位置していたが、今回発表で126ポンドの4位となった。

 第5位は124ポンドのリブチェスター

 日本調教馬は前回発表と同じ4頭が掲載。キタサンブラックサトノクラウンが121ポンド14位タイ、順位は2つ落とした。また、キタサンブラックは距離区分によるカテゴリー「E」(2701m以上)ではビッグオレンジと並びトップタイ。レイデオロサトノダイヤモンドは120ポンド21位で、こちらも順位を2つ落とした。

 上位は以下の通り。

※順位、レーティング、馬名、生産国
01 134 アロゲート 米
02 132 ウィンクス 豪
03 127 ガンランナー 米
04 126 エネイブル 英
05 124 リブチェスター 愛
06 123 シャトークア 豪
06 123 チャーチル 愛
06 123 ハートネル 英
06 123 ハイランドリール 愛
06 123 ジャックホブス 英
11 122 オールウェイズドリーミング 米
11 122 バターシュ 愛
11 122 レディオレリア 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • やみN1さん
    やみN1さん
    デットーリすげーな
    46歳なのにG1勝ちまくりじゃん

    2017年08月12日(土)08時23分

    いいね! いいね!:1
  • ゆりちゃん好きさん
    ゆりちゃん好きさん
    ダンチヒ&ダンジグ、アンテロ&インテロ。
    過去にも読み方の討論はありました。
    メディアの押し方で決まるのかな?

    2017年08月12日(土)08時12分

    いいね! いいね!:1
  • のぶらいあんさん
    のぶらいあんさん
    エネイブルじゃなくてイネイブルじゃないのか?

    2017年08月12日(土)06時46分

    いいね! いいね!:0