スマートフォン版へ

3連勝中のセダブリランテスが菊花賞を見送り

  • 2017年09月21日(木) 11時50分
 セントライト記念を右前脚のザ石で回避したセダブリランテス(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)が、10月22日の菊花賞(3歳・GI・京都・芝3000m)を見送ることが20日にわかった。

 同馬はラジオNIKKEI賞(GIII)を含む、無傷の3連勝中。ザ石の症状は軽かったが、休み明けで長距離を走るのは厳しいと判断。すでにノーザンファーム天栄(福島県)へ放牧に出されている。今後のローテーションは未定も、年内の復帰を目指すとのこと。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す