スマートフォン版へ

【凱旋門賞】サトノダイヤモンド新兵器で息遣いスッキリ フォワ賞敗戦の原因改善

  • 2017年09月28日(木) 06時00分
 「凱旋門賞・仏G1」(10月1日、シャンティイ)

 輝きを取り戻しつつある。日の丸を背に挑むサトノダイヤモンドが27日、シャンティイ調教場のエーグル芝周回コースで併せ馬を行い、1馬身の先着を決めた。陣営が最大の焦点として挙げた息遣いも改善し、ムードは上昇中。フォワ賞4着からの大逆転劇を狙う。なお、27日に出走馬がほぼ確定(現在20頭がエントリー)。きょう28日の出走取消締切後に騎手と出走馬が決定する。

 モヤに覆われたエーグルの芝周回コースで、2頭のサラブレッドが輪郭を明らかにしていく。公開調教に詰めかけた約50人の報道陣に取り戻した輝きを見せつけるべく、サトノダイヤモンドが内から末脚を伸ばした。最後にサトノノブレスをとらえてフィニッシュ。鞍上のルメールがしっかりと負荷をかけつつ、1馬身の先着で最終リハを終えた。

 「7Fの追い切りでノブレスを3〜4馬身ほど後ろから追走。ラスト300メートルで馬体を併せ、200メートルで加速の指示です」と池江師は語った後、率直な感想を漏らした。「フォワ賞の方が馬場は良く、反応と加速も良かったですね。きょうはかなり走りづらそうだったので」と振り返る。

 それでも悲観の色はない。陣営にとってのテーマはただ一点、息遣いの改善だったという。「前走はとにかく息遣いが良くなかった。今までに全くない症状。喘鳴症(ノド鳴り)か、喉の炎症か分からず、内視鏡検査もした。でも重篤な病気ではなかった」とフォワ賞における“敗戦の真実”を初めて公の場で口にした。

 日本の誇るトップトレーナーは経験を知識をフル活用。中間はタンビット、ノースバンドといった特殊馬具を組み合わせるなど試行錯誤し、この日はフィギュアエイト鼻革のみで追い切りを敢行。喉頭蓋を押さえ込む“新兵器”を駆使した結果、「かなり改善されたね。だいぶ良くなっている。本番もこれでいきます」と手応えをつかんだ。

 プライドを凝縮して磨き上げたダイヤモンド。残る大きな壁として立ちはだかるのは天候だ。「きょうが(ペネトロメーター=馬場硬度計測器で)3・5。これより悪くなると、走りづらいはず」とトレーナーは好走への基準を設ける。4着に完敗したフォワ賞が3・7。「雨は降ってほしくない」。悲願のVへ、人事を尽くして天命を待つ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す