スマートフォン版へ

アドマイヤキングが人気に応え快勝/阪神新馬

  • 2017年09月30日(土) 12時29分
 30日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・11頭)は、先団の後ろでレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気アドマイヤキング(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、逃げ粘った11番人気ナンゴクアイネット(牝2、栗東・鮫島一歩厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒9(良)。

 さらにハナ差の3着に4番人気メールドグラース(牡2、栗東・清水久詞厩舎)が入った。なお、2番人気ポジティブスタンド(牡2、栗東・高橋亮厩舎)は6着、3番人気レッドゼノビア(牝2、栗東・大久保龍志厩舎)は7着に終わった。

 勝ったアドマイヤキングは、父キングカメハメハ母アドマイヤテンバその父クロフネという血統。2015年の皐月賞日本ダービーを制した叔父ドゥラメンテなど、近親に活躍馬が多数いる。

【勝ち馬プロフィール】
アドマイヤキング(牡2)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・友道康夫
父:キングカメハメハ
母:アドマイヤテンバ
母父:クロフネ
馬主:近藤利一
生産者:ノーザンファーム

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す